マイライフ・アズ・ア・ドッグ

a0020440_2226093.jpgマイ ライフ アズ ア ドッグBS2で今日やっていたので見ました。スウェーデン映画です。イングマルは兄と病気の母と一緒に暮らしている。でも母はいつも病気がちで、ベッドで本を読んでいることが多く、ゆっくり話をすることもない。そんな境遇にもめげず、健気に成長していくイングマル。やがて母は亡くなり、兄と離れて田舎の家に預けられる。美しい風景、ガラス工場で働く人々、おじいさん、おばあさん、同じ年頃の友達、近所の人たちに影響されながら、一番多感な時期を過ごし、成長していく・・・。

とっても素敵な、素晴らしい映画でした。マイベスト10入りかもしれません。子供の目線ですべてが描かれていて、変に脚色されていなくって。周りの人が子供を子ども扱いしていないところがとてもいい感じです。「ママにもっといろんな話をしておけばよかった」「ママを笑わせると、本を置いてくれる」日ごろ自分の時間を優先してしまい、娘の甘えたい気持ちを分かってあげられなかったかもしれない。なんて思いはじめたら、泣けて泣けてたまりませんでした。

私の好きな映画、「サイダー・ハウス・ルール」の監督と知って、他の作品もみたくなりました。「ショコラ」見てみようかな~。
[PR]

by arinko-mama | 2004-11-10 22:25 | 映画