ぼくの伯父さんの休暇

a0020440_20412525.jpg1952年のフランス映画。モノクロです。ジャック・タチ監督・脚本・主演。「ぼくの伯父さん」は娘もなぜかお気に入りで、こちらが続編かと思って図書館で(!)借りたのですが、こちらの方が古いんですね~。もったいない、カラーだったらもっと素敵なのに!

どちらもユロ氏という「ヘンなオジサン」が出てきます。のんびりしていて、クスクスと笑える、ちょっと世間からずれた感覚を持つユロ氏。この映画では、夏のバカンスを楽しむために海辺にやってきて、滞在中のほかのお客さんに混じって、おかしな行動を繰り返している
ユロ氏を淡々と描いています。

ドリフや今のお笑いの人たちのコントなんかの原点ともいえるべき、古典的なコメディ。ほとんどセリフもないのに、何度も笑ってしまうのは不思議です。娘も言葉は分からなくても、時々クスクス笑っていました。ジャック・タチ、こちらもお気に入りです。
[PR]

by arinko-mama | 2004-10-18 20:52 | 映画