「ほっ」と。キャンペーン

「路地裏人生論」平川克美

昭和を懐かしみ、美化するのではなく、昭和を改めてみたときに、
今、高度成長を経て、私たちが得たものはどうなのか、失ったものは
本当に必要のないものだったのか、考えるという内容。

少し前に村上龍さんが書いていた、老いを否定して、いつまでも
若くあれ!という考え方はあまり好きではないというエッセイの内容を
思い出しました。平川さんも同じようなことを書いていて、老いることが
悪いことのように、いつまでも元気でいることを期待するようなことは
どうなのかなということ。

世界第二位の大国になった日本ですが、今後は人口も減少していくので、
今までのような経済成長は期待できません。それを認めようとせず、
みんなで頑張って成長しようというような流れが世の中にはあるような
気がします。そうではなく、老いを受け入れ、大きな経済ではなく、
小さな経済があちこちが発展するような日本、いいですね。

アナログ回帰という言葉を最近目にするようになってきました。
どんどん進んでいく一方で、日本人が失ってきたものをもう一度今風に
アレンジしてまた復活させるというのもいいですね。
昨日、AMラジオで斉藤由貴さんが「Music10」という番組を
やっていたのを聞きました。学生のころラジオを聞いていたとき、
あ~こんな感じだったなあと思い出しました。TVの刺激的な映像や
リアルタイムの世界のニュースとは違って、日本人の日々の淡々とした
生活がある感じがして、ラジオもいいなあと思いました。

なくしたくないものは細々と続いていくんだなと改めて思いました。
紙で読む本もずっとなくならないでほしいなあ。
[PR]

by arinko-mama | 2015-11-20 12:25 | 読書

「路地裏人生論」平川克美

昭和を懐かしみ、美化するのではなく、昭和を改めてみたときに、
今、高度成長を経て、私たちが得たものはどうなのか、失ったものは
本当に必要のないものだったのか、考えるという内容。

少し前に村上龍さんが書いていた、老いを否定して、いつまでも
若くあれ!という考え方はあまり好きではないというエッセイの内容を
思い出しました。平川さんも同じようなことを書いていて、老いることが
悪いことのように、いつまでも元気でいることを期待するようなことは
どうなのかなということ。

世界第二位の大国になった日本ですが、今後は人口も減少していくので、
今までのような経済成長は期待できません。それを認めようとせず、
みんなで頑張って成長しようというような流れが世の中にはあるような
気がします。そうではなく、老いを受け入れ、大きな経済ではなく、
小さな経済があちこちが発展するような日本、いいですね。

アナログ回帰という言葉を最近目にするようになってきました。
どんどん進んでいく一方で、日本人が失ってきたものをもう一度今風に
アレンジしてまた復活させるというのもいいですね。
昨日、AMラジオで斉藤由貴さんが「Music10」という番組を
やっていたのを聞きました。学生のころラジオを聞いていたとき、
あ~こんな感じだったなあと思い出しました。TVの刺激的な映像や
リアルタイムの世界のニュースとは違って、日本人の日々の淡々とした
生活がある感じがして、ラジオもいいなあと思いました。

なくしたくないものは細々と続いていくんだなと改めて思いました。
紙で読む本もずっとなくならないでほしいなあ。
[PR]

by arinko-mama | 2015-11-20 12:25 | 読書

「東京芸大物語」茂木健一郎

実際に東京芸大の講師をされていたときの話をベースにした
物語なんですね。個性的な人がたくさん出てきて面白かったです。

絵の才能がない私には美大や芸大は全く縁がないのですが、
やっぱり個性的な人が多いんでしょうね。
茂木さんはそんな個性的な若者に対して真摯に向き合い、
温かく交流を持ちます。気持ちが若いのかもしれませんね。

授業にはたくさんの有名な講師の方がゲストに来ていて、
それぞれの魅力あふれる講義をされて帰ります。
難関を突破した生徒さん、就職できる人は少ないようですが、
そこで過ごした4年間と人脈は素晴らしい宝物となるでしょうね。

茂木さんが詳細にそのころのことを記憶されているのがすごいです。
描写もとてもうまくて、そこにいるかのよう。
上野の美術館前で講義のあと繰り広げられる飲み会、アシスタントの
植田工さんとの関係など、とても素敵なエピソード満載でした。
[PR]

by arinko-mama | 2015-11-18 13:44 | 読書

「可愛い世の中」山崎ナオコーラ

登場人物が多い作品に弱い私。4姉妹の物語かと思ったけれど、
最終的には豆子なんですね~。

豆子の考え方は理屈っぽくて本当に面倒くさいけれど、
結婚して子供もいる私にとっては、全然違う境遇なわけで。
それでもその主張を理解したいと、豆子の思いを一生懸命読んで
共感したくなってしまった。

結婚して子供を産んでから、独身で仕事を続けている友達に
あったことがあるけれど、彼女は終わったとの感想で、
子供の話が中心になるかと思ったけど、そうではない話がたくさん
できて、うれしかったと書いていました。

もう最近では、女性が経済力を持ってきているし、一人で生きようと、
主夫が増えようと、同性婚が増えようと、どんな生き方でも
いいんじゃないかと、思うようになりました。
ナオコーラさんの言う、性別を超えた人間関係は私も理想だし、
いろんな形の人と人のつながりがあってもいいし、これからは
そういう小説をもっと読みたいし、書いてほしいなあと思います。
[PR]

by arinko-mama | 2015-11-15 16:48 | 読書

「ツイッターとフェイスブックそしてホリエモンの時代は終わった」梅崎健理

タイトルにひかれて手に取りました。
梅崎さんは、~なうを流行らせたツイッター高校生。
小さいころから父親の勤務先の大学のPCをいじっているうちに、
ローマ字入力を覚え、ネットでいろんなことを調べて、
ついにはツイッターで孫社長とつながる。

福岡の福岡高校から、代々木高校を経てAO入試で慶應のSMCへ。
高校でもうすでに起業して、今でも社長をしている方でした。
そのエピソードだけでもすごいと思いました。

これからはまたアナログ回帰なのかな。
これだけPCを使いこなしているけれど、プログラムはくめない、
買物はネットではしない、など、PCのいい部分を利用して、
結局は人と人が直接会って話さないと。という考え方がとても
いいなと思いました。
[PR]

by arinko-mama | 2015-11-13 22:29 | 読書

「あたしはビー玉」山崎ナオコーラ

最近ナオコーラさんにはまってます。
「南くんの恋人」を彷彿させる設定。
子供のころ、大事にしていたけれど部屋の片隅にあったビー玉が
突然話し始める。同年代の女の子の口調で。

ずっとビー玉の気持ちが語られて、高校生の清順の生活も
垣間見られてなんだかおもしろい。二人のやりとりがかわいらしく、
今どきのケータイやメールの存在も忘れて、人間対人間(ビー玉)の
心や気持ちのやりとりがいい感じです。

表紙の絵にひかれて、同年代の子が読んでも、この作品のよさは
あまり伝わってこなくて、設定が不思議とか、なんでビー玉なの?と
その変な感じだけが一人歩きして、最後まで?のまま終わりそうだけど、
突っ込みどころは置いておいて、ビー玉と恋愛したらどういう表現に
なるのかっていうそういうところが面白いというか・・・。
それを書いてしまうナオコーラさんの頭の中と、表現力がすごいというか。
岡本くんとチクチューの話は、あくまでおまけで。それを経て清順がどう
成長したかっていうのが、重要なので。

他の作品もまたよみたくなりました~。いっぱい書いてくださいナオコーラさん。
[PR]

by arinko-mama | 2015-11-13 14:28 | 読書

「多眼思考」ちきりん

ちきりんさんのツイッターをまとめたもの。
短い言葉で的確に世の中を斬っていく言葉の数々・・・。
どれも正論ばかりで、大多数の人がそれに流されて日々を送って
きているけれど、それは何も考えていないからなのかも。

ちょっと思考を停止して、今の生き方でいいのか、考えて
みることが必要なんでしょうね。日本の未来は暗い、暗いと
言っていても何も変わらない。一人一人が自分の生活を人生を
楽しく変えていけば、日本の未来は明るい。そう、ちきりんさんは
伝えてくれている気がします。

一人旅とか全くしたことがないし、一人で楽しめそうにはないけれど、
一人の時間というのは好きです。家族がいなかったら、一人旅を
していたかもしれませんね。いろんな場所でいろんな新しいものを
見るのは大好きなので。みんなと一緒にいても、一人でふらっと
気になったものを追いかけてお店に入っちゃったり、足をとめて
眺めてしまったりする子供だったので、今でもその癖が抜けず、
団体行動が苦手です。

働き方を変える、生き方を変えるというのは勇気がいるし、
それを恐れていては何も変わらない。それを教えてくれた一冊です。 
[PR]

by arinko-mama | 2015-11-11 11:21 | 読書

「太陽がもったいない」山崎ナオコーラ

最近気に入っている作家さん、山崎ナオコーラさん。
ベランダでガーデニングをしながら思ったこと、実践したことの
あれこれをまとめたもの。ガーデニングに興味のない人は
読んでもわからないし、共感できないかもしれません。

マンション暮らしが長いので、今までハーブ、子供が小学校で
育ててきた朝顔、プチトマト、普通のお花、いろいろ育ててきました。
ハーブはほっておいても伸びるし、イタリアンを作るときに便利。
プチトマトはどこまでも高く伸びるので、支柱などの世話が大変。
パンジーはアブラムシとの闘い。いろいろありました。

ガーデニングの何がいいのかというと、無心に手入れをしているとき、
ぼーっとできるからかしら?お日さまにあたって、はさみでチョキチョキ
手入れして、時々下に通る人々を眺めたり、空や景色を眺めたり。
家の中では家族がのんびりしていて、それをベランダ側からみるという
のも、なんだか心地よかったり。一人になれる時間が好きなんですかね。

後半は震災後の緑のカーテンの話や日本文学史をどのようなものに
していくかとか、深い話になっていて、考えさせられました。
とにかく書いてくだされば、読みたいので、引き続きナオコーラさんの
作品を読み続けたいです。
[PR]

by arinko-mama | 2015-11-11 11:08 | 読書

「気付くのが遅すぎて、」酒井順子

私より少し年上で、独身で。という方のエッセイは、自分とは
目線が違って、面白いです。強くたくましいし。
中でも年齢を超えた20代、40代、50代、90代の女子会は
面白そうだなあと思いました。幼稚園や小学校のママ世代の
人とは、やっぱり子供のことや学校のことでしかなかなか
話をすることができないので、それは抜きにして、なんか他の
ことを話したいなあと思うことはあります。

今やっている図書館ボランティアでは、割と他の話題が出てくる
ので、それが楽しみで行っています。本の話題やテレビの話題、
時事ネタなどちょこちょこ話すと面白いですね。
80代、90代の人が話す番組なんか、あったら面白いと思うん
だけど出演するのが大変かな。

あと気になったことは、京都が外国人ですごいことになっている
ということ。清水寺までの坂道が外国人で混み合っているとか。
今頃紅葉の時期だし、混んでいるんだろうなあ・・・
ディズニーランドや箱根も海外の人でいっぱいと聞いたことが
あるし。宮城県には外国の人あまり来ていないような・・・
松島とかおいしいものがたくさんあるし、東北にも来てほしい
ものですね~!!
[PR]

by arinko-mama | 2015-11-10 12:08 | 読書

「アンソロジー ビール」

ビールにまつわるエッセイを集めたもの。
各世代のビール感。が分かっておもしろいです。
生まれた年代順でもいいかもしれませんね。どういう基準の順番で
選んでいるのか分からないけれど、有名な方のエッセイが読めて
お得な一冊です。

ビールは小さいころ、祖父にちょこっとなめさせられ、周りがビール
好きだったせいか、今でも嫌いではないです。
というより、お酒のおつまみで嫌いなものはないというか、お酒を
飲みながらおつまみを食べる大人の周りで、それを食べながら話を
聞いているのが好きな子供だったという感じです。

日本のビールほどおいしいものはないとか、なぜビール会社が少ないのか
ということも書かれていて、海外のビールや地方の地ビールなどを
あまり飲んだことがないので、驚きました。
その中でもやはり鮮度が命。工場の出来立てのビールが何よりも
一番おいしいのですね。

眠くなってしまうのと、トイレが近くなってしまうことが、ちょっと
難点ですが、夏に飲むのにスッキリするし、日ごろ静かな人が少し
おしゃべりになって、楽しく宴会ができたりするので、ビール文化は
ずっと日本に残っていくといいなあと思います。

赤塚不二夫さんのバカボンのマンガが読めて、アニメしかみたことが
なかったので、ちょっとうれしかったです!あまりにもバカっぽくて
おもしろかったので、他のマンガも読んでみたいです!
[PR]

by arinko-mama | 2015-11-09 12:03 | 読書