「成功の要諦」稲盛和夫

実家に帰省した時にリビングに「致知」という雑誌がおいてあって、
それを読んでいたときに稲盛さんのいろいろなお話の記事を読んで
いました。とてもいいお話ばかりで、それから稲盛さんの本を
見つけると読んだりしています。

この本は講演をまとめたもので、もしかしたら雑誌で一度読んだ
かもしれませんが、またとても参考になるお話でした。
ひろさちやさんの本は働きすぎないでのんびりゆっくり人生を
送りましょう。という内容でしたが、稲盛さんの本は誰にも負けない
努力をする、一所懸命に働くことが心を磨く最高の方法であるという
考え方でした。私はどちらかというとひろさちやさんの方より
こちらの稲盛さんの方に共感します。

苦労して、一生懸命努力して、ほかの人のことを思いやり、
一日一日を前向きに明るく努力を続けていくこと。そうすれば
よい結果が生まれるということ。とてもいい教えです。
また時々読み返したいバイブル的な一冊です。
[PR]

by arinko-mama | 2015-04-29 21:54 | 読書

「がんばらない人生相談」ひろさちや

14歳の世渡り術シリーズの一冊です。
ひろさちやさんの本は初めて読みました。
人間は働くために生まれてきたのではない。
働いてお金を稼ぐことに一生懸命になって、
家族がバラバラになってしまってはよくない。
日本人はもっとゆったり働くべきだという内容でした。

フムフムと思いつつ読みました。確かに家族全員で
懸命に働いている家が多いです。
でもそうしなければ生活が回っていかないというのも
事実ですし、なんとか工夫して節約したり、忙しくしたく
ないというのもありますが、学校の行事や役員の仕事、
子供を病院に連れていく、食事の支度や持ち物のチェック、
世のお母さんのやることは果てしなく多いです・・・

後半の自分の羅針盤をもて。というのは大事です、
あまり世間の流れに身を任せることなく、自分なりの考えに
基づいて行動すること。
のんびり、ゆったり、たのしく人間らしく生きること。
今の日本に生まれたことで、競争競争の国です。なかなか
自分だけのんびりとというわけにはいかないかもしれない
けれど、この本を読むと、ゆっくりでいいんだよ。と
背中を押されるような気になる子供たちもいるかもしれません。
[PR]

by arinko-mama | 2015-04-29 21:20 | 読書

「デジタル教育宣言」石戸奈々子

NHKの「ニッポンのジレンマ」で石戸さんのことを知ったとき、CANVASという
教育組織のようなものを知りました。
上の子のときはまだあまり感じませんでしたが、下の子の時代は、デジタル教育
の波のようなものをひしひしと感じます。

二人ともベネッセのチャレンジをずっと続けていますが、CMで盛んに流れている
チャレンジタッチにするかどうか、毎年悩みます。上の子はもう紙で継続する予定
ですが、下の子はチャレンジタッチでデジタル機器に慣れておいたほうがいいのかな
という思いもあります。

石戸さんの本を読むと、ガラケーの私とは違ってかなりデジタルな生活をしていて
子供のおもりにもスマホの絵本を読ませたりしているとか・・・
小学校でも電子黒板などが登場したり、タブレット端末で勉強しているところも
増えているとか。私も勉強しておかなくては。と、中に紹介されているプログラミング
言語のことをもう少し研究するつもりです。下の子はゲームとかプログラムを考えるのが
好きそうなので、そういうのをやらせてもいいかな~と思ってます。
[PR]

by arinko-mama | 2015-04-21 22:29 | 読書

進級しました

娘たちは進級。上の子は高校入試を無事終えて、念願の高校に合格。
下の子は小学3年生となりました。仲良しの子と同じクラスになれて
とても喜んでいます!

上の子の高校入学に伴って、私たちの生活ペースも朝型になり、
毎日のお弁当作りがはじまりました。同じような内容になってしまうけど、
スーパーで晩御飯のおかずとともに、お弁当の中味を考えることが
増えたので、ついつい立ち止まってあれこれ考えてしまいます・・・
子供が多い人はもっと大変ですね~

それぞれ新しい生活になって、気候も不安定。体調が悪くなりがちですね。
毎日、子供の様子を観察して、いい相談相手になってあげようと思っています。
[PR]

by arinko-mama | 2015-04-21 22:20 | つれづれ