「貧困についてとことん考えてみた」 湯浅誠、茂木健一郎

日本が抱える貧困化の問題について、実際の施設などを訪ねて
そこを利用している人との対談も交えながら、討論する。

若者のホンネという本で、なるべく楽をしよう、無駄を省こうという
タイプの若者がいるということを知りました。
娘の中学校で不登校の子どもたちがいるという現実ぐらいしか、
身近なところで問題はないのですが、そういう人たちにも道はいろいろ
あって、大学を卒業するのも無理ではないんだろうなあ。昔と違って
いろんなタイプの道があるんだろうなあ。だから、逃げちゃうのかなと
思ったり。すぐに転職する若者とか、フリーターのまま親を頼って生きる
とか。

今朝、ベビーシッターに子供を預けていて、2歳の子が死亡した事件の
ニュースをみていました。保育園に預けるよりも、ネットでシッターを探す
方が安いので、よく利用していました。とシングルマザーの22歳の女性が
インタビューに答えていました。

この本では、貧困で困っている人の行き場を提供すること、身障者の人の
仕事場を提供することなど、いろんな解決策があるということが書かれて
います。困っている人がいると、それを助けようという親切な施設と、
この事件のように、弱みにつけこんで安上がりに子供を預かるビジネスを
考えるケースもあります。仕事もなく、仕事を探すために子供を預けたい
けれど、親や親しい人は誰もいない、どうしよう、というとき、選択して
しまった道が過ちだということもあるかもしれません。

マンションに住んでいる人がどんな人たちなのか、私も全員の顔を知りません。
小学校、中学校では身障者の子どもたちは違う教室で勉強しています。
どんな子供たちがいるのか、あまり交流はないようです。
不登校の子も、保健室で学習したりしているようで、会うこともありません、
話題になることもないようです。こうして、社会ではあまりそういう人たちと
接する機会もなく、どんな気持ちで過ごしているか、家族がどんなに大変か
知ることもなく子供たちは成長していきます。

湯浅さんと茂木さんは、この本を作るにあたり、対談をしている人にとても
優しく接しています。相談にのって、将来への道筋を作ってあげています。
こんな風に相談にのってあげられる施設のようなものや、大人が周りに
いることが大事なのだと思います。ただ最後は自分の力、つらいけれども
前に進む生きる力が本人にないと、なかなか前に進めない。そのために、
茂木さんのいう「安全基地」というものの存在を社会が作ってあげるべきなの
でしょう。
[PR]

by arinko-mama | 2014-03-19 13:03 | 読書

「若者のホンネ」 香山リカ

立教大学で教えている香山リカさんの若者についてのコラム。
最近小保方さんの論文がコピペだったことが話題になりましたが、
立教の学生さんたちも、コピペが多いとのこと、そしてそれに罪悪感がない
らしく、小保方さんもそんなことを言っていたようで、日常的にみんなやっている
のでしょうか。私たちの頃はネットがなかったので、文献をみながらまとめる
という作業を地味にしていましたけれど。今はそれをしないのかな。

若者全員がそうとは限らないけれど、コストパフォーマンスをすぐに
考えてしまったり、今やっていることが何の役に立つのか考えて行動して
しまうこと、短期で仕事をやめてしまうなど、少し楽な方、楽な方に行って
しまう傾向があるような気がします。

恋愛もドキドキして、告白して、ダメで、悩んで・・・自分と向き合ったり、人に
相談にのってもらったり、新しいことを何かやってみるとか、気分を変えるとか
して失恋を乗り切ったり。勉強ひとつも、分からないなら本を読んで理解して、
書いて、覚えて、っていう手順を踏まないと。
いろんなことをなるべく簡単に、無駄なく、合理的に。と考えてしまうところが
あるのかもしれませんね。
[PR]

by arinko-mama | 2014-03-17 14:03 | 読書

「ゆるく生きたい」若者たち 榎本博明 立花薫

若者に接する機会がないので、「ゆるく生きたい」ってどういうことなの
かな~と興味を持って読みました。
出世しなくてもいい、車はいらない、告白するとふられそうだからしない。
怒られるのはみっともない、失敗したくない。

そうなのか~。
でもいろんな選択肢が用意されていて、今はいろいろ幸せだと思う。
娘の通う中学校で、不登校の子がいる。保健室で給食を食べてもいいし、
先生が家に訪問してくれるという子もいる、それでも卒業はできる。
そして高校も県立、私立、定時制、高卒扱いになる学校、いろいろ・・・
大学も検定試験があったり、専門学校があったり、短大があったり。

結婚しなくても先に子供ができても、結婚式をしてもしなくても、
何も怒られることもなく、何か努力して手に入れるものがあまりない。
そういう便利で楽な世の中になっているから、ゆるくなってしまうのかも。

一方でブラック企業とかいう言葉をよく聞くけれど、これも、昔だったら
上司が働いていれば、部下も一緒になって働いていたけれど、
それを何でこんなに?と疑問に思う若い人がいるから問題として
出てきたわけで。お給料が上がっていかないのは本当に問題だけれど。

宮城に住んでいると、震災で大変な思いをした若者が、懸命に生きている
姿を新聞やTVでみます。スポーツ選手もがむしゃらに頑張っています。
どんな時代でも、困難を乗り越えて、挫折を味わって這い上がった人は
すばらしい成長をとげます。頑張ってほしいなあ!
[PR]

by arinko-mama | 2014-03-14 22:52 | 読書

「子供のために」を疑う 二神能基

中学受験をしようか悩んでいる両親や、10代の子どもをもつ両親向けの本。
わが家は転勤が多いので中学受験をすることは全く考えなかったのですが、
自分も公立中、県立高校を進んだので、中学校にはいろいろな環境の子が
いました。今娘が通っている公立の中学校も、不登校の子がたくさんいたり、
母子家庭の子がいたり。事情はさまざまですが、成績がいいけど不登校や
成績は悪いけど、性格がとてもよくてクラスのムードメーカー。という子も。
そんないろいろなタイプの子がいるということを知ることもいい勉強かなと
思っています。そして偏見をもたないように、どんな子でも必ず何かいいところ
があるし、みんな頑張っていることを娘たちに伝えています。

子供のために。と成績のいい子で、ある程度の年収がある親の子どもだけを
集めた私立中へ受験させ、公立中学校でいじめにあったり、いろんな成績の
子の中に入れるのを避けようとする親もいるようですが、この本では、
無理やり勉強を詰め込んで、中に入ったらついていけなくなるよりも、
少しその「子供のために」を疑いましょうということ。

あまりにも子供に入れ込んでしまうと、子供が窮屈になるということも
あるということ、気を付けないといけないなあと思いました。
春から上の子は受験生。女の子だから・・・とは思いますが、高校に入って、
あーもう少し勉強しておけばよかったなあ、と後悔だけはしてほしくないので、
とにかく、自分ができる限り、一生懸命頑張ってごらんとだけ言ってます。
結局子供は、子供自身の人生を歩んでいくのだし、自分の人生ではない。
と親は少し離れてみることも必要ですね。
[PR]

by arinko-mama | 2014-03-10 13:10 | 読書

「自由とは選び取ること」 村上龍

Big Tomorrowという雑誌の人生相談をまとめたもの。
相談の内容が切実な内容だったりするけれど、
それについて普通の人生相談のように優しくアドバイスするものではなく、
その現実に目を向けようというスパッとした答えが心地よかったです。

今の日本は働きたいなあと思っても、すぐに安定した職があるわけではなく、
あっても、ブラック企業だったり、自分の生活に困難をきたすような仕事が多い。
それをどうにかしたいと思っていても、自分で悶々と悩むだけで、相談する
相手があまりいないよう。

幸せを人と比較して落ち込むよりも、今の自分の気持ちや、周りの人との
コミュニケーションや信頼関係を上手に築いていくことが大事。
父や母の話を毎日のように聞いていると、夫婦で助け合い、近所の人との
普段からのおつきあいも大事だと思う。あとは自分で健康管理、なるべく
自分のことは自分でする、できるようにしておくこと。これも大事!
[PR]

by arinko-mama | 2014-03-05 22:37 | 読書

「グローバル化の憂鬱」 藤原正彦

グローバル化という言葉を最近よく耳にします。
小学校の英語の授業をどんどん低学年からスタートさせようという
文部科学省の方針も聞くようになってきました。

わが家の低学年ちゃんは、特に何もしていませんが、ベネッセのチャレンジ
一年生をやっているので、その付録の英語カードで遊んだりしています。
BE-GOという教材も一回お試しでやってみましたが、ずっとPCの前で
ゲーム感覚で英語を学べるもので、いいかな~?と思ったのですが、
とりあえずお金がかかるものは延ばし延ばし・・・笑

でも私たちが子どもの頃より、英語を聞く機会は本当に増えていて、
英語を勉強し始めてからは、TVでいろんな外国人が英語を話すのをみるし、
海外で活躍する日本人がインタビューに英語で答えているシーンも
よくみかけるようになりました。その分英語慣れしてきているかもしれません。

で、藤原さんの本ですが、週刊誌のエッセイをまとめたものにこのタイトルが
ついているということで、ずっとグローバル化の話ではなかったのですが、
少し上の世代の方からの今の日本への意見というような内容が多かったです。
藤原さんは海外経験もあり、幅広い話をユーモアを交えて書いているところが
とてもいいです。トイレの話や強盗に襲われそうになった話などおもしろいです。

子どものうちから多くの物語や詩や、偉人伝を読ませて、情緒豊かにしよう
という意見は大賛成です。が、なかなか偉人伝は読まないですね~。
下の子はキャベたまたんていに夢中です。
[PR]

by arinko-mama | 2014-03-03 13:57 | 読書