夏休みスタート!

台風が過ぎ去ったと思ったら、夏休みがスタート。
セミも暑くなるとわかるんですね、一斉に鳴き始めました。

最近英語の勉強を始めたので、なかなか読書の時間がありません。
というか、英語の勉強の本ばかり読んでいるところです。
あとは、スヌーピーの漫画を英語で読んだりとか・・・

継続は力なり。といいますから、ブログや読書と並行して
英語も気長に続けていきたいと思います!

今朝から上の子がラジオ体操なので、6時すぎに起床。
私も一緒に家でラジオ体操をしてみました。
簡単な体操ですけど、結構いいですね~ 続くかしら。
去年までは起きられなくて行かなかったことが多かった娘ですが、
今年はハンコを押す係なので、必ず参加しなければいけません。
きついでしょうけど、頑張ってほしいと思います!

8月の初旬から2週間帰省する予定です。
震災の影響で春休みには帰省できなかったので、楽しみです。
一年ぶりに両親や祖母と再会します。早く会いたいな。
[PR]

by arinko-mama | 2011-07-21 11:07 | つれづれ

「面白南極料理人」 西村淳 

a0020440_12224127.jpg
堺雅人さん主演で映画化されて気になっていました。
ご本人は堺雅人さんとは全然違う雰囲気の方ですが(笑)。

いろいろなスペシャリストの男の人たちが選ばれて極寒の地、南極基地へ。
ドームの中で、不自由な暮らしをしながら、それでも明るく楽しく、
時には怒ったりもしながら過ごす日々。
とても男臭く、男の人が集団で暮らすというのはこんな感じなのかと
いうのがわかります。

西村さんが作る料理の品数とその豪華さに驚きます。
材料調達のところから入りますが、日本にはいろいろな冷凍食品が
あるんですね、業務用のとか。私はあまり野菜の冷凍食品とかを買わないので、
栗とかゆずの皮とか、なんでも冷凍できるんだと思いました。
「大草原の小さな家」でも冬の間は食材を外に保管していましたが、
南極でも同じような感じ。その持参した食材を利用して、どんどん作る!
カロリーもたくさんとらないといけないようだし、男の人だし。
食事って大事ですね。そしてチームワーク。

人生のうちで南極に滞在した経験があるなんて、それだけですごいし、
確かに映画化したくなるような内容ですね~。いつかみてみたいです!
[PR]

by arinko-mama | 2011-07-08 12:33 | 読書

「お別れの音」 青山七恵

a0020440_10161355.jpg
毎日雨の音で目が覚めます。
気温は低めですが、蒸し暑いです。
上の子は雨の中、プールの授業をしたそうで、疲れきっていました。

青山七恵さんの短編集。彼女の作品を読むのは3冊目です。
1983年生まれでまだ若い作家さんですが、とても上手で、
お気に入りです。想像力が豊かというのかな。感性が豊かというのかな。

表紙の写真はどこの遊園地だろう?
確か浅草の花やしきにこんなのがあったような気がします。
でも乗る場所がオープンだったかな~。

人と人とのちょっとした関係性。宅配便の人とか、靴の修理屋さん、
よく見かける人、あんまり話さないけど、知っている人。
自分からスタートしないかぎり、その人との関係性は特に深まるわけ
でもなく、なんとなく続いていって・・・
私も人見知りなので、結局何も話しかけないままお別れになることが
多いですが、友達の多い人はそういうところをクリアして、どんどん
広がっていくんでしょうね~。

昔、電車で通勤していたころ、毎朝同じ電車、同じ席に座っていましたが、
この人たちと一度会話したら面白そうだなあ、と思ったことがありました。
いつも降りる駅なのに、隣の人が眠っていて、起こしたほうがいいのか、
もしかしたら今日はこの駅ではないかも。と悩んだり・・・
そんなちょっとした関係性をクローズアップしているのがとても上手!

どの話も、ん?で、結局?と余韻を残して終わるのですが、
これもまたなんだかいい味を出しています。
[PR]

by arinko-mama | 2011-07-07 10:33 | 読書

「ジャパン・スマイル」 川上健一

a0020440_23424563.jpg
川上健一さんの「ららのいた夏」を買って読んだのはいつだったかな?
と思い、出版年を調べると、1989年。でした。
爽やかな青春物の作品で、読みやすかったことを覚えています。

そして今回の「ジャパン・スマイル」。
2ページで終わる短編がたくさん詰まっています。
夫婦の絆、家族の絆、親子の絆、恋人との絆・・・
いろんな形で、ホロッとさせられるエピソードの数々。

トーストを口にはさみながら通勤・通学するという設定が
あったり、少し上手く出来すぎた話じゃない?というものも
あったけれど、でも、こんな小さな幸せが日本中にあふれていたら。
と思うと、幸せな気分になりますね。

1989年の私にはまだ理解ができなかった、家族への思い。
今、この一冊に出会えてよかったです!
[PR]

by arinko-mama | 2011-07-01 23:50 | 読書