「チェーン・ポイズン」 本多孝好

a0020440_4133143.jpg
同じ1971年生まれの作家さん。何冊か読んで好きな作家さんです。
高野悦子さんの「二十歳の原点」が登場します。
大学入学当時、東京での生活にまだなじめていなかったころ、
通学途中に本をたくさん読みました。その中の一冊でした。

三十六歳、孤独で未熟。二十歳の女子大生は普通の十六年間を過ごして、
普通のOLになろうとしている。焦りは諦めに変わり、このまま一人で暮らす生活を
選んだけれど、その未来を想像し、この一冊の本に揺さぶられ、絶望的になる。
そして、その絶望的な未来を避けるため、この本の著者が選んだ「自殺」
を考え始める・・・

とても暗いスタート。しかも長そうだし。あ~、苦手かも。と思いつつ
先を読み進めていくと、案外スルスルと読めました。
ホスピスや児童養護施設のボランティアの話、記者が事件を追う流れ、
そして主人公が自殺を考えてからの行動・・・

全然関係ないけれど、昨日、お隣さんが引っ越してきました。
40代から50代くらいの女性で、お子さんは?ご主人は?の問いにNO
「一人です。日中は仕事でいませんので・・・」との答えでした。
4人家族が住んでいたところに、一人で入ってくる女性もいるんだな~。
どんな仕事をしているひとなんだろう?と思いました。

私の友達にも独身でマンションに一人で住んでいる子がいます。
結婚しないで、仕事一筋でいれば、私もそういう風になっていたかもしれない。
そしたら、子供もいなくって、どんなことを考え、どんな生活をしていたんだろう?
そんなことを思いました。一人で生活することって、孤独だけれど、
それでも何かそれを選んだ理由があるだろうし、ちょっとカッコイイような・・・

自分の人生の道を選択していくのは自分自身。
何か人の役に立てることをみつけたり、愛する人をみつけたり。
ふと振り返って、これでよかったのかな。といろいろ考えることはあるけれど、
最近はそこで「死」を選んだり、誰かをうらんで殺したりする人が多い。
でも、その前に何か「希望」となるものをみつけて、前向きになってほしい。
そんなことを考えさせられた一冊でした。オススメです。
[PR]

by arinko-mama | 2009-05-30 04:37 | 読書

「齋藤孝のイッキによめる!名作選 中学生」

a0020440_14331739.jpg
娘のクラスで、担任の先生がこのイッキによめる!シリーズを図書室で借りてきて
くださったそうで、今みんなで回し読みしているのだそう。
でも、中学生はないかな。

結構いろんなジャンルの人の短編が読めてお得。
●デューク 江國香織
●冷蔵庫との対話 作/アクセル=ハッケ 訳/諏訪 功
●夏が、空に、泳いで 古川日出男
●旅をする木 星野道夫
●蜜柑 芥川龍之介
●スパゲティーの年に 村上春樹
●汚れっちまった悲しみに……(他2編) 中原中也
●ウサギの日々 重松 清
●ラムネ氏のこと 坂口安吾
●江夏の21球 山際淳司
●貧の意地 太宰 治
●人間の土地 作/サン=テグジュペリ 訳/堀口大學
●硝子戸の中 夏目漱石
●名人伝 中島 敦

私は「デューク」はこの前読んだので、今回のお目当ては「旅をする木」でしたが、
ほかにも「冷蔵庫との対話」「夏が、空に、泳いで」「蜜柑」「スパゲティーの年に」
がお気に入りでした。

古川日出男さんは気になっていた作家さんでしたが、長編も読んでみたくなりました。
村上春樹さんはやっぱりその雰囲気がいいです。新刊も楽しみですね!
中学生ぐらいでこういういろんな作品に出会うと、読書の楽しみが広がるし、
このシリーズはとってもいい企画だと思います。途中のクイズはどうかな???
[PR]

by arinko-mama | 2009-05-27 14:33 | 読書

「公立校で伸びる子はここが違う!」 松永暢史

a0020440_14142339.jpg
たまにはこういう本も・・・(笑)
我が家は転勤族なので、中学受験など考えたこともないのですが、
幼稚園時代のお友達は、この春から中学受験対策で塾通いを始めたとか。
もう4年生ですものね、気づけばそんなころでした。

やっぱり特別な勉強をしないと合格しないんでしょうね。
私立中学受験の問題をみると、とっても難しいし、学校で習わないものばかり。
うちの娘はとりあえず学校で習う問題を確実にできるように。というのが目標。
ちょっと応用や、発展問題もやらせているんですけどねっ。

で、この本ですが・・・
自分が公立中、県立高校、と、きただけに、納得できることばかり。
私立中学を受験して合格しても、3年分のものを2年間で終了するプログラムだったり、
通学時間や、更なる塾通いに時間をとられて、宿題も夜中までかかり、
途中で挫折する生徒も多いとか。

その点、公立校は家の近くだし、のびのび部活動もできるし、
とにかく授業をきちんと聞いて、しっかり理解していれば・・・ということのよう。
中高一貫校もオススメらしい。
親ができることはいろいろあるようです。今のところ我が家はのんびりですが。
ちょっとお勉強になった一冊でした!
[PR]

by arinko-mama | 2009-05-26 17:56 | 読書

「宮澤賢治のお菓子な国」 中野由貴

a0020440_010366.jpg
図書館の書棚で偶然みつけたかわいらしい装丁の本。
今はもう絶版らしく、復刊リクエスト投票状態のようです。
中野由貴さんは、プロフィールによると、「賢治と食をテーマに探求を進めている」
そうで、内容は本当にすばらしい研究内容。
卒論をもっと壮大にしたような・・・。
特に巻末についている、「イーハトーヴ作品別 たべもの帖」 という、
全集第一巻から第10巻までの作品に登場するたべものを作品別に並べた索引が
すごいです。熱烈すぎる。こんなに研究している人がいるんですね。

私は恥ずかしながら、雨にも負けずの詩と、銀河鉄道の夜程度の知識しかなく、
イーハトーヴが岩手をエスペランド語風にした宮澤賢治の理想郷だといわれている
ことすら知らず・・・作品もきちんと読んでいないので、今度ぜひ読んでみたくなりました。

お菓子。ちょうど南蛮貿易でカステラや金平糖など、いろんなものが入ってきたんですよね。
西洋風なハイカラな感じを賢治はお洒落な感じで使っていたようです。
つめたく濃い霧のジェリー、雲のラムネ、蜂蜜いろの夕陽、サイダーの息など、
独特できれいな表現。そんな賢治の表現を取り上げて、お菓子の歴史や文化を
取り上げて解説してくれているので、とても勉強になり、楽しかったです!
宮澤賢治の人となりも知りたくなったので、伝記も読んでみようかしら・・・
[PR]

by arinko-mama | 2009-05-25 00:33 | 読書

ジャカルタ

弟がインドネシアのジャカルタに赴任することになり、今日、旅立ちました。
前任者のご夫妻が住まれていたところに住むことになるそうなのですが、
高層マンションの中にフィットネスクラブや、プールなどいろいろな設備があり、
自転車が漕げるほど広く、そして、メイドさん付き、運転手さん付き。なのだそう。

ホテルにずっと滞在するようなイメージですね~。
日本での生活の感覚が、ガラリと変わるので、まずはそれに慣れるのが大変そう。
何年行くことになるのかわからないので、帰ってくるころにはすっかり
現地になじんで、いい感じになっていたりして!

日本も不景気。新型インフルエンザも流行っているし、暗いニュースばかり。
他の国に行って、いろんな価値観を知ったり、勉強したりするのも
ちょうどいい機会かも。
両親も向こうでの状況を知るために、しばらくしたら、一度行ってみるようです。

今まで全然縁のなかったインドネシアという国が急に身近になりました。
ちなみに大統領は、スシロ・バンバン・ユドヨノという名前で、
回転寿司チェーンの「スシロー」に似ていて、ちょっと覚えやすいとのこと。
ナシゴレン&デビ夫人、のほかに、ちょっと知識が増えました。
[PR]

by arinko-mama | 2009-05-25 00:07 | つれづれ

「蝶番」 中島桃果子

a0020440_13503063.jpg
江國さんが選んだ「新潮エンターテインメント大賞」受賞作。
ときいて、どんな作品だろう?と興味をもちました。

登場するのは4人姉妹。
長女の艶子、次女の菓子(かこ)、三女の虹、四女のナメこと棗(なつめ)。
長女と次女は二人で麻布十番に暮らしているが、そこから艶子がいなくなった。と
ナメに電話が入る。不思議なメッセージを残して・・・

今まで一緒にいたやさしくて思いやりに溢れる姉がいなくなったことで
腹をたてたり、何かつらい思いをしたのか、自分のせいかと考え、憔悴している菓子。
そしてナメは艶子とのいい思い出を思い出しながら涙を流し、
そんなナメと一緒に暮らす虹は、過呼吸になりやすいため、何も教えてもらえず、
でもナメの普段と違う様子に何か気づく。

それぞれが姉のことを考えたり、姉妹のことを考えたりする時間。
いつか帰ってくると信じて待ちながら、その理由を探したり、子供のころの
自分たちのことを思い出したり・・・

4人姉妹ともなると、女性としていろんな生き方を選ぶでしょうし、どうしても
比較されるし、男の人と付き合いはじめたりするとまたそれで変わってくるし、
長女の生き方に下の3人もいろいろと左右されて考えさせられるし。
そんな中でがんばってきた長女の艶子がぷらーっとどこかへ・・・
という気持ち。人間らしくって、そしてその行動をめぐる姉妹の受け止め方が
それぞれで・・・表現の仕方が少し詩的でよかったです。
[PR]

by arinko-mama | 2009-05-22 13:52 | 読書

「ワーキング・ホリデー」 坂木司

a0020440_0334826.jpg
坂木さんの本を読んでみたいなあ。とリストアップしていたのです。やっと読めました!
なぎさん、オススメいただいてありがとうございます~おもしろかったです!

「初めまして、お父さん」
といきなり。小学校5年生の男の子が父親を探してやってきた。
大和はホスト。昔別れた女性との子供がこんなに大きくなっていました。
しかも家事が完璧にできちゃうしっかりもの。

オーナーの計らいもあり、大和はホストをやめて宅配業者として働きます。
ちょうど夏休み。息子の進と不思議な共同生活が始まります。

いいですね~。ホストの話もおもしろいし、宅配業者の話もおもしろい。
周りの人たちも個性的で優しくて、にぎやかで。みんないい人なんですね~!
サクサク読めるし、会話もテンポがよくって、重くない。

我が家は男の子がいないので、息子がいたらどんなだろう?
こんな家事やお料理上手な子がいたら、便利でいいだろうなあ~。
由希子さんは、本当にいいお母さんなんでしょうね。
普通は、夏休みまるまる息子を別れた人のところに預けるなんてしないでしょうし。
その間きちんと仕事をして、自分の生活ができているっていうところ、
すごくしっかりした女性なんだろうなあ。と思いました。(だからこそ、別れられたのかな。)
ほとんど出てこないけれど、由希子さんに、実は魅力を感じる私でした。

登場するお料理がなんだかおいしそう。
小学生でもこんなにできるんですね。我が家の小4の娘は料理は関心なしです。
下の子はよく手伝ってくれるので、見込みありかな~

こんな風に父親と母親の間を行き来している子供はきっと多いんでしょうね。
たくましく成長して、素直に育って欲しいものです。
働く親の姿、親から子供への愛情、子供の気持ち、周りの人の温かい気持ち。
いろんな「いいなあ~。こういうの。」
がいっぱいあって、ほんわかできる一冊でした~。
[PR]

by arinko-mama | 2009-05-20 00:49 | 読書

「ほどけるとける」 大島真寿美

a0020440_1456910.jpg
五月病の話がテレビでもとりあげられるこの時期。
ちょうどいい感じの、癒やし系の一冊。まさに「ほどけるとける」。

下町の大和湯でバイトをしている美和ちゃん。
高校でいじめにあったことがきっかけで、発作的に中退。
その後はバイトをしたりごろごろしたり、といった毎日。
めんどうくさい、めんどうくさい。と思いながら、大和湯で働いている。

そんな美和ちゃんが大和湯をとりまく人々に見守られ、影響を受けながら、
少しずつ刺激を受けて、自分の道を見つけて、一歩踏み出すまで・・・

出てくる人みんな、いい感じの。
ちょっと会話文が長いけど、それもすーーっと頭に入ってくる。
弟の智也くんや、ちょっと年上の佐紀さん、そしてフジリネンのおじさん。
みんないい味だしていて、とってもいい人たち。
これからの美和ちゃんがどうなるのか、気になります。続きが読みたいな。
[PR]

by arinko-mama | 2009-05-13 15:03 | 読書

「元職員」 吉田修一

a0020440_2372662.jpg
吉田修一さんの最新作です。
「元職員」という言葉。とても気になるタイトルです。
タイのバンコクで1週間を過ごす一人の男性。ファーストクラスで、五つ星のホテルに宿泊。
あら、リッチなお話かしらん?と思いきや、なんだか違う・・・
そして吉田ワールドへ・・・

相変わらず、ちょっと一筋縄ではいかない、クセのある内容でした。
この人の本は、後味があまりよくなかったり、人間の人間くさいところを描いていたり、
ちょっぴり考えさせられたりすることがあります。
好き嫌いが分かれそうな本ですが、私はいつものように高評価。

海外での人間のありよう。ちょっと態度が大きくなってしまったり、自分を偽ったり。
滞在期間が短く、限られているからこその、夢なのか現実なのか、ゆらゆらした、
映画をみているような感覚。
旅をすることで、現実を忘れ、違う自分になって、解放される。
それを犯罪心理と結びつけて、鋭く描いた秀作だと思います~
[PR]

by arinko-mama | 2009-05-11 23:22 | 読書

ヤマハの赤りんご

体験教室が楽しかったので、5月からヤマハの赤りんご教室に通うことにしました。
ねーねの時にも一度体験に行ったことがあるのですが、そのときはNHKのリトミック教室の
方がお教室を広々と使っていることと、先生がよかったことと、絵や工作もやります。
とのことだったので、そちらに通ったのですが、下の子にはヤマハがあっているみたい。

ぷっぷるちゃんというりんごのかわいいお人形が出てくると、楽しそう。
「パンダ、うさぎ、コアラ」などの手遊び歌をやったり、
大きな絵本を音楽にあわせて読んだり。
あっという間に40分がたってしまいました。

同じ年の女の子3人と一緒なので、ちょうどよかったです。
たまたまこの前児童館で一緒に遊んだ女の子もきていてびっくり!
偶然ってあるものなんですね~。
月2回ですが、これから親子の楽しみが増えました!
[PR]

by arinko-mama | 2009-05-08 14:00 | 第2子