「美晴さんランナウェイ」 山本幸久

a0020440_0333359.jpg
小説すばる新人賞を受賞した「笑う招き猫」が好きだったので。
でもだいぶ前に読んだから、久々です!

美晴さんは27歳の独身。
その奔放ぶりを姪の女子中学生、世宇子ちゃん目線で語っています。
このぐらいの年の差の叔母さんがいると、いいですね~。
両親に言いにくいような話の相談相手になってもらったりして。
あと、世宇子ちゃんのいとこの自由くんの存在。なんだかいいなあ~。

美晴さんの奔放ぶりもよかったし、その人柄も実はいろいろいい人なんだろうなあ~。
的なエピソードも、なんだか微笑ましくてよかったけれど、
なんか久々に昔ながらの家族スタイルの話が読めて、うれしく感じました。
サザエさんちやまるこちゃんちのような・・・

世宇子ちゃんのお母さんの性格が自分に似ているなあ~と思った私です。
[PR]

by arinko-mama | 2008-08-28 00:44 | 読書

「キップをなくして」 池澤夏樹

a0020440_0175589.jpg
児童書的な位置づけの内容でした。いいお話です。
娘にもかいつまんで内容を聞かせました。

切手を買いに銀座に行く途中、有楽町で切符をなくして、改札から出られなくなって
しまう少年。
そこへ少女がやってきて、東京駅構内に連れて行かれる。
「ステーションキッズ」として、東京駅で生活をしなければならないという・・・

同じように切符をなくした子供たちは、駅の子として、駅の中の食堂で食事をし、
駅の中で仕事をし、同じ境遇の仲間と一緒に共同生活。

不思議な話でしたが、なんだかありそうな・・・
空港で足どめされて、そこに暮らしている人々の話を以前映画でみましたが、
東京駅にも実はそんな場所があったりして。。。なんて想像すると楽しくなります。

内容に戻ると、子供の成長物語。共同生活をすることによって、他者の気持ちを
理解したり、上下関係があったり・・・夏休みの読書感想文にもよさそうな・・・
とてもおもしろかったです。
[PR]

by arinko-mama | 2008-08-27 00:29 | 読書

「未来の息子」 椰月美智子

a0020440_22142737.jpg
初めて読む作家さんで、ちょっと気になっていました。
いくつかの短編が入っているんですが、最初の話が、「こっくりさん」ではじまるので、
なつかしいな~。と思いながら読みました。
10円玉が動くんですよね~。あれは本当に不思議だったなあ~。
今でもやる子どもたちっているのかな???

自分の未来がどんどんわかっちゃうのって、ちょっとどうなのかな~って思います。
ドラえもんののび太みたいに、将来は憧れのしずかちゃんと結婚できるって
分かっているからなんだか楽しいけれど、悲しい知らせは聞きたくないですね~
だから、このお話はちょっと・・・と思いました。

その先もどんどん読んでいったけれど、短いせいかクエスチョンマークが残ったり、
後味が悪かったり・・・
でもなんだか設定とか展開とかが新鮮で、結局全部読んでしまいました。

椰月さんは、実家のある小田原市在住で、1970年生まれ。同学年かも?!
と知ると、他の作品も読んでみたいような気がします・・・
読んだことのある方、おススメがありましたら、ぜひ教えてください~!!!
[PR]

by arinko-mama | 2008-08-26 22:28 | 読書

ネイチャーゲーム

ネイチャーゲーム(http://www.naturegame.or.jp/play/)に参加してきました。
こんな活動をしている人たちがいるんですね。初めて知りました。
私たちが普段使っていない五感をフル活用して、自然に親しみ環境への関心を高めるというような内容のようです。(詳しくはHPを・・・)

最初にしたのはカードゲームで、背中に動物の絵を張って、自分が何なのかを
ほかの人に質問しながらあてていくというものです。
私は「牛」でしたが、動物園にいますか?、どんな色ですか?何を食べますか?などと
いろいろ質問して、しまうまか牛で迷い、苦戦しました(笑)。

次に、自然の中にあらかじめ隠されている人工のものをいくつ見つけられるか、と
いうものをしました。20個隠されていたのに、私たち家族全員11個しかみつけられず、
参加していた中でも小さい子供が一番多く見つけられていたので、驚きました。
学校の帰り道に道草をしながら帰っている子みたいな子が得意らしいです。
そういえば、小さい頃はいろんなものが落ちていて、楽しかったりしたものです。

そのあと、聴診器で木の鼓動を聞いたり、風の音やにおいを感じたり、
芝生の上を歩いたり、太陽の光を手のひらにあてて温かさを感じたり、
身のまわりの自然観察をしました。
生きていることに喜びを感じられるし、自然とともに生きているんだなあと感じたり、
何よりも芝生の上を裸足で走って、とてもうれしそうな娘の表情がよかったです。
とてもいい経験になりました。参加してよかったです。
[PR]

by arinko-mama | 2008-08-25 01:38 | つれづれ

「赤い長靴」 江國香織

a0020440_0531253.jpg
結婚10年目、子供のいない夫婦の連作短篇集。
こういうご主人みたいなタイプの人、いそうな感じですね~。
話しかけてもまともな返事がかえってこない、一人では家事もできない、
でもちょっとした行動や、ちょっとした一言が、なんだか優しかったり、くすっと笑えたり。

子供ができると、子育てに協力的な模範的なパパが最近は増えているようだけれど、
子供がいない夫婦って、あ~こんな感じなのかな。ってちょっと思いました。
この夫婦に子供がいたら、また全然ちがってきちゃうんだろうなあ~。

新幹線の他の乗客となんだか一体感をもってしまう、夜一人で外にいると不安になる、
外で待ち合わせすると家族が新鮮にみえる、テニススクールなどに対する違和感・・・
いろいろと共感できるところがあって、この夫婦の魅力にどっぷりつかってしまいました。
とっても好きな作品です。
[PR]

by arinko-mama | 2008-08-25 01:06 | 読書

「チーム・バチスタの栄光」

a0020440_195640.jpg
原作は読んでいないのですが、話題になっていたので・・・
どうも手術シーンとかすごく苦手なんです。最近の医療ドラマとかみれません・・・
でもパパが阿部寛ファンなので。(「トリック」とか好き)

バチスタ手術シーンは顔を手で覆いながら、このシーンが終わったら教えて。
と言ったりしてなんとかみました^^
犯人が最後まで誰なのかわからなくって、ドキドキしました。
原作を読んでいないのですが、人物を動物にたとえて調査しているあたりが
おもしろかったです。みんな個性的な俳優さんばかりでしたし。

竹内結子さんがあまり好きではないのですが、(好きな方、ゴメンナサイ)
あの一方的に患者の悩みやぐちを聞く仕事。心療内科医さん。
不定愁訴外来っていうんですね。こんな仕事があるんだなあ。と思いました。
すごくストレスがたまりそうな・・・大変でしょうね~。

とにかく医療現場の最先端。お医者様には頭があがりませんね。
すごいなあ。と、ただただ感心するばかりの映画でした・・・
[PR]

by arinko-mama | 2008-08-21 01:24 | 映画

めがね

a0020440_1571260.jpg
「かもめ食堂」がよかったので、こちらも是非みたいと思っていました。
また上の娘と一緒にみました。とってもきれいな映像でよかったです~!

「かもめ食堂」と同様、映像がきれいで、セリフが少なめで静か。
出てくる食べ物がおいしそうだったり、ファッションが素敵だったり・・・
動物が出てくるシーンがいくつかありますが、自然で、とってもいい感じでした。

薬師丸さんの声がとってもきれいだなあ。って改めて思いました。
チョイ役なのに、とても印象に残ります。
聡美さん、もたいさんも相変わらずいいですね~。

結局いろ~んな疑問があまり解決されることなく、でも、ま・いいか。と流すことが
できてしまう、不思議な感じ。
娘も、このかき氷食べたいだの、ここに泊まってのんびりしたいだの、といい、
2回目もじっくりみていました。気に入った様子・・・。
出演者が似ているドラマ、「すいか」もみてみたいなあ~。再放送しないかな~。
[PR]

by arinko-mama | 2008-08-20 02:04 | 映画

夏休みもあと少し~。

いつの間にか夏休みもあと少し。
PCが徐々に復活して、また更新できそうです!

上の子の宿題もあと少し。漢字の練習と日記が残っているようです。
昔に比べると自由研究がないし、毎日の日記みたいなものもないし、楽そうにみえます。
その代わり、いろんな問題集やドリルを提供しているので、大変なのかな(笑)。

下の子は少し前に2歳になりました。
最近は「ねーね、おはよー」などと、自分から声をかけたりなんかして、
自分のワールドにみんなを引き込み、結構2歳なのに小3に負けていない強さがあったり。
どんな子に成長するのかしら・・・2歳児は大変ですからね~。

ポツポツ読書をしているのですが、更新ができなかったので、たまっています!
少しずつまた感想をUPしたいと思います~。
[PR]

by arinko-mama | 2008-08-19 00:48 | つれづれ