トレモスのパン屋

a0020440_21493747.jpg

図書館に行って、自分で本を選ぶようになった娘ですが、私のカードの範囲内でも何冊か児童書を選んでいます。今回借りたのはこの本でした。
読み聞かせするのは少し大変な、小学校中級向け。小川未明文学賞優秀賞を受賞しています。

トレモスという町のパン屋の主人、ポルトは「トレモス一のパン職人」と評判でした。
そんなポルトのパン屋の店の反対側に、新しいパン屋が!
今までのお得意様のうち、何人かが新しいパン屋に行っていることに気づいてから、ポルトは動揺し、職人としての自信を失っていきます。

ある日、敵地に自分の一番弟子を買い物に行かせ、そのパンを食べたところ、自分の焼いたパンよりはるかにおいしい。その理由を探りに、その一番弟子を送り込みます。
その後、弟子からは何の音沙汰もなく、パン焼きコンクールの日が訪れました・・・

ポルトの心の葛藤がとても詳細に、手に取るように描かれていて、まさに引き込まれる文章でした。先が気になって仕方がない児童書なんてあまり読んだことがなくて、なんだか新鮮でした。
娘は、「パンが食べたくなってきた」という感想でしたが、読み終わるまで眠らないと、ずっと静かに聞いたり、途中「読ませて」と言って読んだりして楽しんでいました。オススメです!
[PR]

by arinko-mama | 2007-05-21 22:06 | 読書

「間宮兄弟」 江國香織

a0020440_10324025.jpg久々に図書館で本らしき本を借りてきました!
GWに読んだ本を返却している人が多いのか、読みたい本がたくさん並んでいて迷うほど。でもなかなか時間がないんですよね。江國香織さんなら読めそうな気がしました。

映画化されてますね。佐々木さんが兄、塚地さんが弟だったかな。なので、そのイメージそのままで読みました。とっても仲良しな兄弟。30代、男兄弟二人で同居して、とっても楽しそうに生活しています。

周囲から見ると、結婚もしないで、インドアの趣味ばかりで、オタクっぽい。と思われている二人なのですが、実際の生活は家族を大事にして、一日好きなことを一生懸命やって、充実してる。
恋は失敗続きだけど、家に帰れば兄弟が待っていてくれる。お母さんも大事にしている。

そんな二人の生活や考え方。とってもいいなあ。と思いました。ストーリー自体は淡々としていて、盛り上がらない感じですが、やっぱり江國香織さんの書く文章そのものが好きですね~。表現一つ一つ、映像が目に浮かぶような描写。あ~、この場面いいなあ。と思うところが多々ありました。本、音楽、ゲームなどいろんな文化が登場するので、知的好奇心も満たしてくれるし。

森田監督の映画、みてみたいなあ。いろいろ話題になっている沢尻エリカちゃん、どんな演技をする子なのかみたことがないので。こんど時間があったらみてみます!
[PR]

by arinko-mama | 2007-05-14 10:39 | 読書

ベビー9ヶ月

最近、ベビー○ヶ月。っていう区切りでしか、更新できなくなりつつあります^^
でも、少し前よりは眠ってくれる時間が増えてきたので、助かっています。
帰省してから3回食を続けていて、結構たくさん食べさせているので、リズムがついてきたようです。体重が8キロ弱とあまり増えないので、この前すくすく相談に行ってきたのですが、私よりも若い保育士さん?栄養士さん?の女の子に「心配しなくても大丈夫ですよ~!」と言われ、少し胸のモヤモヤが晴れました。

日中はつかまり立ちをする時間がほとんどで、私の体、テーブル、本棚・・・いろんなところに手をおいて立ち上がっています。
スイスイと伝い歩きとまではいきませんが、少し横に移動する程度です。

昨日は手をあわせてポン!とたたくのがブームになっていました。
バンザイを仕込み中ですが、なかなかやってくれません(笑)。
今日から離乳食後期?少しずつかえてみようかな~。
二人目になってやっと、子育てというものにじっくり取り組んでいる気がします。
何事も経験。とよくいうけれど、本当ですね~。

友人の出産が続いていて、(みんなは第一子だったりします)「おはよう赤ちゃん」という雑誌に載っていたfezという産婦人科でやっているお店のオーガニックコットンのベビー服を出産祝いに贈りました。肌に優しいものっていいですね。
[PR]

by arinko-mama | 2007-05-10 10:03 | 第2子