春の気配

a0020440_18461545.jpg車でドライブがてら、梅の咲いている公園に行ってきました。白、紅、ピンクなどきれいな梅の花がたくさん咲いていて、春を感じました。マスクをしながらサイクリングをする家族など^^、花粉症対策の人も増えてきましたね~。そういえば私も鼻がムズムズ・・・。

3月から、娘を車で送ることにしました。今までバスで送り迎えをしてもらっていた幼稚園の運転手さんに感謝!これから卒園まで、自分で送り迎えします。今年に入って急におもいたったことなのですが、娘と一緒に通う!という一体感が得られるような気がしたので。毎日歩いて送り迎えをしているお母さんもいますしね~!ということで、頑張ります~!
[PR]

by arinko-mama | 2005-02-27 18:46 | プチおでかけ

少女の髪どめ

a0020440_9173216.jpgイラン映画。モントリオール映画祭グランプリ受賞作品。
「運動靴と赤い金魚」のマジッド・マジディ監督の作品です。
イラン映画はとてもピュアな感情表現が心を打たれます。

建設現場で働くラティフは喧嘩っぱやく、いかに楽をしてお金を稼ぐか
ばかり考えているような青年でした。建設現場の2階から転落し、
働けなくなった父親の代わりに来ていたアフガニスタン難民の子供が、
自分のお茶くみの仕事をするようになり、仕事をとられたことを理由に
いじわるをしたりしていました。ある日ラティフはその子供が女の子であることを知り、
恋をします。それからは女の子のことが気になって気になって、見つめるばかり。
服装もきちんとし、動物に対しても優しくなり、少女の家族を助けようと自分の給料や
IDカードを売ったお金まで捧げてしまいます。ラティフと少女のあいだに最後まで会話は
ありません。ただまなざしだけ。ラストの雨のシーンがとてもせつなく、印象に残ります。

アフガニスタン難民の生活を目の当たりにし、自分の生活を振り返り、もっと家族や周りの人に対して思いやる気持ちを忘れないようにしたい。と思いました。自分が片思いしていた頃のピュアな気持ちを思い出します・・・^^。

a0020440_9294890.jpg川本三郎「美しい映画になら微笑むがよい」には
この映画を含めて、ミニシアター系の静かな映画の
批評が50作品ぐらい載っています。
監督インタビューもあり、興味深く読みました。
でも、またみたい映画が増えてしまいました~^^
[PR]

by arinko-mama | 2005-02-25 09:35 | 映画

リリィ

a0020440_10423078.jpg「8人の女たち」で次女役を演じたリュディヴィーヌ・サニエ主演。
チェーホフの「かもめ」を基に、映画の世界におきかえた作品。
とっても切なくて、有名な作品が土台になっているせいか、
いい作品でした。

サニエちゃんは、不思議な魅力。
若いあどけなさと大人の女性が同居している年齢。
かわいらしい笑顔にホッとするシーンがあるかと思えば、ハッとするほど大人の女性の表情のシーンもあり、今一番話題の女優さんというのもうなずけます。
他の俳優・女優さんにもそれぞれスポットが当たっていて、どの人もとても存在感があって、脚本もよかったです。

若い青年ジュリアンの真っすぐなところもよかったなあ。
母親に反発したり、甘えたり、恋に苦しんだり、最後の方で成長して映画を撮っているときの眼差しとか、男の人の魅力満載で、すてきでした☆
最後にちょこっとだけ出てきた女の子も、フランスの子って感じでとってもキュートでした♪

「スイミング・プール」もみたいです~!
[PR]

by arinko-mama | 2005-02-24 10:47 | 映画

イヴォンヌの香り

a0020440_1213436.jpgパトリス・ルコント監督の作品。
官能的で、ファッションの色使いなども含めた映像美。
内容は少し不思議で、ふいをくらったようなラストに唖然としました。
フランス映画は、えっ?もう終わり?何が言いたかったの?と疑問の残るものが時々あります^^。でもある種のアンニュイな雰囲気が漂っていて、なんともいえず好きです。

a0020440_1215250.jpgたまたま今読んでいたのが、「イヴォンヌの香り」の原作者、
パトリック・モディアノの「八月の日曜日」。
訳者の堀江敏幸さんの「雪沼とその周辺」がよかったので・・・。
南十字星という名前のついたダイアモンドをめぐるミステリタッチの物語。
ニース周辺の地図を片手にどんな風景なのかを想像しながら読むと
いい感じです。

どちらの作品も目の前から忽然といなくなってしまった女性を男性が追い求めるようなパターンです。漂うように生きる人物たち。空の青、海の青、きれいな女性、お酒と会話、独特の雰囲気をもつストーリー。なんだかひかれます。
[PR]

by arinko-mama | 2005-02-22 13:54 | 映画

e-コレクト

佐川急便の宣伝をするわけではないのですが・・・。

最近、エアコンのリモコンを床にボトッと落としちゃったんです!
拾ってみてみると、液晶が広がって、真っ黒状態に!!
表示が全然分からなくなってしまいました・・・。よく電化製品をこわす私です^^

で、昨日の午後、エアコンの会社のフリーダイヤルにかけて、リモコンを注文したんです。
そしたら、「明日の午前中に、代金引換でお届けします」
という回答。
「は、はやいね~(^^ゞ。しかもお金用意しておくのね・・・」
と主人(昨日は休み)と私のお財布から細かいお金を準備しておいたのです。

そして今日。
佐川急便のセールスドライバーさんから、
「これから○○株式会社さんからの○,○○○円の・・・・・・つらつら・・・・お届けに伺います」
と事前にTEL。

はいはい。お金用意してお待ちしておりますよん。

数分後、やってきたセールスドライバーさんにお金をわたし、リモコンは無事手元に届いたのでした。このサービスをe-コレクトというそうです。

エアコンの会社も対応が早いし(もっと時間かかると思ってました)、運送会社も代引き手数料なしに、配送料もなしに、振込みの手間もなく、事前に確認の電話もくださって、時間内に届けてくださり、おかげさまで、快適に温かいお部屋でこうしてPCができる環境にあります。ありがたいことです・・・・

でも。今度からリモコン落とさないようにきをつけましょっ。→私。お金もったいないです・・・。
[PR]

by arinko-mama | 2005-02-22 11:35 | つれづれ

オールアズキ

a0020440_1183429.jpg
オールレーズンは食べたことがあるけど、これは初体験。
コンビニでミニパックが売っていたので買ってみました。
オールアズキという名前ほどあずきあずきしていないけれど、
ほんのり甘くてやさしい味でした。おいしい☆
[PR]

by arinko-mama | 2005-02-21 11:08 | グルメ

愛ルケ、映画化?

Excite エキサイト : 芸能ニュース”渡辺淳一「愛の流刑地」の評判”からTB。以前ここでも書きましたが(11/30)、日本経済新聞の朝刊で連載されているこの作品、夫婦で読んでいます。毎朝過激な内容だけに、通勤中にみんなこれを読んでいるのか・・・となんだかヘンな気もしますが、「失楽園」と同じく、映画化の争奪戦が始まっているというニュース。

やっぱり、黒木瞳なの~?この人しかいないのかな~。
江國香織の「東京タワー」を読み終えたときも、詩史は誰かといわれたら、黒木瞳しか思い浮かばなかった私・・・。「愛ルケ」もどうなるか今後の話しの展開も含めて楽しみです。冬香に何か謎があって、菊治がそれにだんだんと気づいてついには犯罪へと発展し・・・とサスペンスチックな展開にならないかと勝手に想像しているのに、全然前に進まないで、毎朝過激な描写ばかり。またこれなの~!とつっこみたくなる一主婦です・・・^^。
[PR]

by arinko-mama | 2005-02-19 13:56 | つれづれ

気になる曲~。森大輔 「Rain」

a0020440_10133471.jpg昨日ドライブ中にTOKYO-FMを聞いていたところ、
とってもいい曲がかかりました。
近日発売のようです~。
森大輔さんの「Rain」。

2ndシングルのようです。
最近、TOKYO-FMで一日2,3回ずつ
かけています。
よかったら視聴してみてくださいね~!
そのうち流行るかしらん???
[PR]

by arinko-mama | 2005-02-18 10:14 | 気になるもの

星々の舟 村山由佳

a0020440_9485282.jpgいくつか村山由佳さんの作品を読んでいますが、今回は直木賞受賞作品とあって、重みが違いました。家族の一人一人にスポットを当てた短編集なので、その人数分の小説を楽しんだような気がして、おなかいっぱいです^^。

一人一人とてもつらい悩みや人に言えない問題を抱えていて、そんななか、家族と共存している。それを順を追って紹介していくので、この人の気持ちも分かる、こんな問題を抱えているのね。と知っていくうちに、どんどん重く、つらくなっていきます・・・。その問題が解決しているのか、どうなのかということに焦点があるわけではないので、私の好きなハッピーエンド系ではなく、もやもやとしたものが残りました。でも久々に一気に読んでしまいました。その文章力には圧倒されました。
[PR]

by arinko-mama | 2005-02-18 09:52 | 読書

タピオカがのどに!

a0020440_12583325.jpg
コンビニで見つけたブラックタピオカミルクティー。
「珍珠奶茶(チンジュナイチャ)」なんて書いてあっておいしそうなので買ってきました。
太いストローでタピオカを吸い上げて飲むのも楽しいし、紅茶の味もおいしい~と
ご満悦で飲んでおりました。

ラストの方で、下の方にタピオカが残っているのがみえます。
どうしてもそのタピオカが気になってそこにストローを持って行き、狙いを定めて

すっと吸い上げたところ、

   スッポーン

とタピオカがストレートにのどにカップイン!

いや~びっくりしました。
カミカミするのが楽しみだったのに、一気に飲んじゃいました。
なんだかまだのどの奥のほうにタピオカの感触が残っていてヘンな感じです・・・。
皆さん、タピオカティーを飲むときは、お気をつけて・・・。
[PR]

by arinko-mama | 2005-02-17 12:58 | グルメ