<   2005年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

TRICERATOPS

TRICERATOPSのVo.和田唱さんのルーツミュージックよりTB。

今日はパパが久々に平日休み。
娘をバス停まで送ってもらい、二人でゆるゆる過ごしました。
なんとなく、昔の曲が聞きたくなって、「何持ってたかな~」と探していたら、
TRICERATOPSのアルバムが出てきました。1998年のです。
娘は1999年生まれだから、結婚してから買ったんですね~。
a0020440_19105979.jpg
「GOTHIC RING」が好きで買ったんだけれど、今聞いてもいいです。

♪ずっと前から君と僕は一緒にいたけど 今度は初めての
はめる指が僕によって決められてる そんな意味の指輪さ

「はめる指が僕によって決められてる」 わぉ☆
などと、ドキドキしながら聞いておりました(笑)
他にも胸キュンな詩がいっぱい。唱くんの歌声がとっても心地いいです。
[PR]

by arinko-mama | 2005-01-31 19:22 | つれづれ

娘とまったりお茶

a0020440_1145940.jpg

パパは免許の書き替えです。待っている間、娘とお茶タイムです。
マドレーヌは食べ終えてしまいました!(またしても写真をとる前に!)
紅茶についているお砂糖のかたまりを食べるのが好きな娘。

a0020440_14422231.jpg

パリの子供部屋という本がおいてありました。
かわいくって好きです。
[PR]

by arinko-mama | 2005-01-30 11:45 | プチおでかけ

カレーの講習会

幼稚園のママ友達に誘われて、カレーの講習会に参加してきました。お料理教室などの経験がまったくないまま、自己流で料理をしている主婦8年目のワタクシ。少々、ドキドキしながら行きました・・・。すると、同じ幼稚園のママがあと二人も来ていてびっくり!「なぜここにいるの?」などと、しばし盛り上がってしまいました。みんな暇なんだから~。

さて、本題のカレーですが、「パキスタンカレー」なるものです。
玉ねぎのみじん切りを40分も炒めるのがコツ。交替で炒めます。トマトの水煮と数種類のスパイスも大量にいれ、にんにく、しょうが、にんじんのすりおろしもいれます。鶏肉などの好きなお肉をいれ、コトコト煮ると出来上がり(簡単にいうとこんな感じっス)

ルーは入れないところがいつも家で作っているカレーと違うのです。
スパイスのとってもいい香りがして、おおっ、これぞ本物のカレーか。と唸りつつ、パクパクとあっという間に完食してしまいました。カレーは何でもおいしいですね~☆今度家でも作ってみようっと!しかし、普段黙々と一人で料理をしているけれど、みんなでワイワイしながら作ると、なんだか楽しいですね~。食の話題がこれほどつきないとは、みなさん、さすが、毎日お料理しているだけあるわ~。
[PR]

by arinko-mama | 2005-01-28 20:37 | つれづれ

ランドマーク 吉田修一

a0020440_221732.jpg大宮が舞台です。行ったことないけれど、この本にもあるように、そごう、高島屋、ルミネ、丸井があって、一日平均四十五万人の乗降客なんですね。すごーい!

と驚いたところで、この本。
吉田修一さん、またまた吉田修一くさくなってます。
今までの作品をもう一回粘土みたいに合わせて、お城作っちゃいました。みたいな感じです。
俯瞰する感じが「パーク・ライフ」、隼人の雰囲気が「熱帯魚」、お互いあんまり干渉していないで同居しているところが「パレード」・・・。

地方出身の男の人たちが、中途半端な「東京」になじめず、欲望のまま行動しているのだけれど、誰も他人のことを気にする心と時間の余裕もない、カサカサした感じがよく伝わってきました。結末をもう少しどうにかしてほしかったけれど、おもしろかったです。
[PR]

by arinko-mama | 2005-01-27 22:03 | 読書

恋は嵐のように

a0020440_12245940.jpgベン・アフレックとサンドラ・ブロックが共演しているラブストーリー?ラブコメディ?。?がつく理由は映画をみた人なら分かるはず。ネタばれしてしまうので、このあたりで。

結婚式を控えた新郎。式に向かう飛行機がアクシデントに遭い、隣に座っていたセクシーで魅力的な女性と行動をともにするハメに。あまりにも魅力的な女性なので、揺れてしまうのです・・・。こんなことってあるのかなあ。

ラストがおおっ、そうきたか~。という展開で、でも既に結婚した私としては、納得の展開。サンドラのラストシーンも泣けるほど好きでした。そうだよね、そうでなくっちゃ。と思いつつ、ハッピーな気持ちになりました。

結婚前の人、結婚後の人、それぞれ感じることが違うかもしれないけれど、結婚ってなんなのか、人が生きていくっていうことはどういうことなのか、一つ一つ階段をクリアしながら選択をするまでの感情の過程が描かれていて、なかなか好きな映画となりました。結婚にまつわる格言やセリフがたくさん出てきて、参考になりますよ~!
[PR]

by arinko-mama | 2005-01-26 12:37 | 映画

早速やってみよう!

昨日「伊東家の食卓」を久々に見ました。
そしたら、カップスープの底に粉末が残らない裏ワザ!をやっていたのです。
飲み終わると、どうしても黄色い粉末がポテッ♪と残っちゃうんですよね~

それは丸く円を描くようにかき混ぜていたからなのです。
ということで、裏ワザの発表!

上下に線を引くようにスプーンを動かす

のだそうです!!
なるほど~今度やってみよう!

伊東家の裏ワザで今でもやっているのは、カップのプリンやゼリーを食べかけのとき、
器にスプーンをいれて置いておくと、器が倒れちゃう!
そんなときは、スプーンを伏せるように反対向きにしておくと、倒れないのです!

そんなこと、みんな知ってるよ~!って言われちゃうかな?
[PR]

by arinko-mama | 2005-01-26 09:22 | つれづれ

気になる部分 岸本佐知子

a0020440_1312790.jpg川上弘美さんエッセイ紹介本よりもう一冊。
岸本佐知子さんという翻訳家さんの爆笑エッセイ。

「じっけんアワー」というエッセイが笑えます。
岸本さんが小さい頃やった実験の数々・・・。

・石鹸でずっと手を洗い続けていたら、そのうち手が透明になっちゃうん
 じゃないかと思って、1時間ぐらい洗い続けたこと。
・砂糖と塩を混ぜればプラスマイナス0で味がなくなるのではないかと
 やってみたら、「甘くてからい」というだけだったこと。
・かさぶたにお湯をかけたら血にもどるのではないかと思ったが、
 ブヨブヨになっただけだった。

子どもの頃って、そういえばいろんなことを考えたものです。
テレビの中に人が入ってるんじゃないかと思ったり、おばあちゃんの家のトイレの木のドアの模様が人の顔に見えて、出てきそうで怖かったり、フーセンガムを飲み込んじゃったら、おなかの中で風船が膨らんじゃったりしないかと悩んだり・・・。

そんなありそうで、なさそうな、あるある!っていう感覚を次々に味わえる、楽しいエッセイです~。ちょっとしたことでも気になると本当に気になっちゃいますね~!
[PR]

by arinko-mama | 2005-01-24 13:32 | 読書

ボリショイサーカスでドキドキ!

ボリショイサーカスに行ってきました!
新聞屋さんのチケットは自由席でしたので、ぶらぶら行ったところ、大行列!!
立ち見でございました。こんなに人気とは。驚きです。

最初立っていたところは後ろの方で、娘は「これじゃあ見れないよぉ~」と叫ぶので、
トイレにいくふりをして前のほうに移動し、通路脇の階段のところに座りました。
私のひざに娘を座らせ、パパは立ち見。途中ちょっと腰が痛くなりましたが、
何しろサーカスが素晴らしく、楽しんでしまいました。

~以下娘が幼稚園に出す「文日記」です~

きょうすいどうばしのとうきょうどーむそばでサーカスをみました。おもしろかったです。
どうぶつがすごかったです。くうちゅうぶらんこのさいごにいちばんうえからあみのところまでさかさまでおちました。ママがこわがってました。ママがやったらこわくてこわくてできないっていってました。はじまるときまっくらでこわかったです。

”どうぶつがすごかったです。”
どうすごかったのか説明するともっとよかったですね~。
あと、このままだと、動物が空中ブランコをやったのかと思ってしまいますね~(笑)
でも、ママが登場して、なんだかうれしいです。
最近下手なことはいえません。すぐ書かれてしまいます~。

そうなんです、空中ブランコで高いところから男の人がまっすぐ落ちてくるさまは、
飛び降り自殺を目撃したら、きっとこんな感じなんだろうな、と思い、とてもとても
こわかったのです・・・。久々に生でドキドキしてしまいました。
[PR]

by arinko-mama | 2005-01-23 23:11 | プチおでかけ

下妻物語

a0020440_23582210.jpgriwtaさんのブログ、「下妻物語」にTB。
深キョンファンの私は以前から見たかったのです!TSUTAYAで見つけたときは、DVDが1つしか残っていませんでした。これは私に借りなさい!と言っているようなもの☆(なんて都合よく考えること、皆さんもよくありませんか~?)

土屋アンナちゃんは初めてしったけれど、他の小池栄子ちゃん、矢沢心ちゃん、篠原涼子ちゃん、そして樹木希林さんと女性陣はもう大好きな人ばかりではないですか!堪能致しました。深キョンのロリータファッションと下妻の田舎の風景のアンバランスさ。そしてアンナちゃんとのアンバランスさ。ラストで啖呵をきる深田恭子!!思わず涙でそうでした。

牛や大仏などもいいですね~。田舎に住んでいる人ほど才能があって、みんな東京に出てきて活躍しているんですものね!結構ありうる話しなのかもしれません。自分の好きなことを貫いて賢明に生きている人に、元気を与えてくれる、かわいい映画だと思います。

最近娘もバッグや髪型を気にするようになりました。深田恭子ちゃんのようにかわいく育てるにはどうしたらいいのかな?夢をこわさないよう、女の子らしく育ててあげたいものです。
[PR]

by arinko-mama | 2005-01-23 00:07 | 映画

桃 久世光彦

a0020440_13484871.jpg桃色から鶯色のグラデーションの装丁が素敵です。この前読んだ、川上弘美さんのエッセイに言葉遣いのきれいな作品として紹介されていたものです。久世光彦さんの本は初めてだったので、新鮮な思いで読みました。演出家として川上弘美さんの「センセイの鞄」のドラマ化などにも携わっている方です。お正月の向田作品なども手がけていたようです。

桃。かわいらしい桃のイメージかな?と読んでいると、どうやらそうではないらしく、久世さんの桃のとらえかたは、熟れた桃から想像できるような、女性の妖艶な感じとか、匂いたつような桃の・・・う~ん語彙力がなさすぎて、表現できないっ!

少し時代が古くて、イマイチ入っていけないものもありましたが、こんなにも五感を刺激する文章は久々で、薄暗い中で艶やかな衣装を着た人たちが演じる舞台を見ているような、不思議な気分になりました。

松葉牡丹(まつばぼたん)・雛芥子(ひなげし)・橙色(だいだいいろ)・鬱金色(うこんいろ)・胡桃(くるみ)・金木犀(きんもくせい)・沈丁花(じんちょうげ)・梔子(くちなし)・金箋花(きんせんか)・小手鞠(こでまり)・女郎花(おみなえし)・撫子(なでしこ)

全部この短編集に出てきた言葉です。色や匂いや花の形を想像しながら読むのは楽しいです。こういった言葉が好きな人は是非どうぞ!
[PR]

by arinko-mama | 2005-01-22 14:33 | 読書