カテゴリ:読書( 845 )

長い長いお医者さんの話

a0020440_174817.jpg正確には本じゃなくって、娘が借りたNHKのビデオで見ました。
結構有名なお話なんだと思うのですが、読んだことなかったので。。

チェコの作家、カレル・チャペックの童話集。
このビデオには表題作しかはいっていなかったけれど。

魔法使いがある日梅をのどにつまらせて声が出なくなってしまう。弟子が急いでお医者さんを連れてくるけれど、お医者さんは他にあと3人の医者がいないと手術が出来ないなどという。そこでまたまた弟子が3人のお医者さんを連れてくるあいだ、お医者さんが魔法使いにいろんなお話を聞かせるのです。

一つ目のお話までは聞いてたんだけど、あまりの気候のよさと、ボソボソとした秋野大作さんの朗読と、まったりとした雰囲気にのまれて、こっくりこっくり。。。最後はうめがとれてめでたしめでたしだったようなのだけれど。。。ほんとに長い長いお医者さんの話だわ~(笑)娘は最後まで見ていたようでした。えらいぞ~!!
[PR]

by arinko-mama | 2004-06-16 17:49 | 読書

現代韓国を知るための55章

最近韓国ドラマや韓国映画にハマってしまい、なかなか本を読む時間がありません。。。でもUPしないのもさみしいので、いちおうまだ本プロに参加していることの表明として。。。

図書館の韓国関連本はおもしろそうなものは貸出中ばかり。やっぱり「冬ソナ」ブームから韓国に興味のある方は増えつつあるのでしょうか?で、この本は2000年6月発行で若干古いですが、いいかな~と思い、借りてみました。

映画やドラマを見ているとその国の文化のことがとてもよく分かります。でもイマイチ韓国のことって、もともとよく分かっていないなあ。と研究中です。映画でお墓が出てきたのですが、韓国のお墓は自然の中に山のようになっているのです。日本の石のお墓はなんとなく冷たい感じがするけれど、なんだか自然でいいなって思います。そのこととか、お葬式の場面が教会だったので、キリスト教信者が結構多いことを知ったり。この本でもその辺りについて述べられていました。

ハングルも学ぼうと頑張っているのですが、なかなか前に進みません。ということで、本の感想を書く時間はないかもしれませんが、レスはつけるので、これからもよろしくお願いします!


--------------------------------------------------------------------------------
あしか > 韓国ドラマは、やはりよいのですか?私は拒否反応で、ほとんど見てないんですが、色んな人が良いというので、やはり気にはなります。でも、7月からの月9の「東京湾景、韓国風味付け」には、ちょっと腹立ててます。きっと韓国ドラマファンも吉田修一ファンも両方が「え”~。」ですよね。話によると「冬のソナタ」より面白いのがいっぱいあるとか。今の所見たいと思うには至りませんが、気になってしかたない感じではあります。本場の韓国海苔は、大好きなんですけどね。 (2004/06/16 11:08)
ありんこ > あしかさん、私も母にすすめられなければきっと見ていなかったと思うんですけど、みたらすっかりハマってしまいました。国の文化や言葉などの背景を知り始めたら止まらなくなりつつあります。昔の日本のドラマのように純粋で、家族に対する思いやりが強く真面目なドラマが多いせいでしょうか?「東京湾景」着々と話題になっていますね~。吉田修一さんご本人はどう思っているのでしょうか?脚色されてもいいのかしら?私は初回だけ見てみようかな?という気分です。韓国海苔おいしいらしいですね。ゴマ油風味?今度トライしてみます~! (2004/06/16 11:31)
あしか > 日本で普通に売ってる韓国海苔は、本物じゃないと言い張っています。昔、仕事に行ってたお宅がお母さんが韓国の人だったんです。で、よく頂いてたんですが、初めて食べた時にはほんとうにびっくりしました。まだまだ一般に普及してなかったので知ってる人も少なくて。で、そのあと、見つけたら買うんですが本物(と私が勝手に思ってるもの)にはめぐり合えません。で、韓国に行くと聞いたら必ずお土産をねだっております。でも普通のお土産屋のはだめみたいなんですよね。(まさに図々しい)。アルミパックに切ってあるのではなくて、日本の焼き海苔サイズの(一帖サイズ?)やつで、目が粗くて塩の粒が大きいんです。あ~食べたい。値段がすごく安いらしくてもらうときは十帖くらいくれるんですよね。で、だいたい体重が1.2キロ近く増えてしまうんです。韓国海苔談議でした。 (2004/06/16 13:35)
ココ > 韓国海苔に反応しました。私も大好きです。あしかさんの好きな一帖の目が粗くて塩が大きいというのも食べたことありますよ~。本当に最初に食べたときは感動しました。ありんこさんもぜひ! (2004/06/16 13:43)
ありんこ > おおっ!韓国海苔で盛り上がってますね~。そうなんだ、普通に売っているのは本物とはちょっと違うんですね~。韓国の友人や韓国にいく人が近くにいらっしゃる皆さんがうらやましいです。ココさんもお好きとあらば、私もとりあえず身近で手に入るものだけでも食べてみようかな?太るかも?? (2004/06/16 13:53)
たばぞう > やだ~、ありんこさん、例のドラマにハマっているのですか?。友人が録画したビデオを借りて以来、実は私も・・・。日本にもたくさん素敵な俳優さんがいるのに・・・とか思っていたのに、他の方々と同じくあの笑顔にやられたかも~。普段はまったくドラマを見ない人なのですがねぇ。 (2004/06/17 22:17)
ありんこ > そうなんです。たばぞうさんも?日本のドラマは見ないで、レンタルまでして映画やビデオ見ちゃってます。そのせいか本を読む時間もなく、韓国に関する本ばっかり借りています。一時的なブームになるのか続くのか??本プロにも同じような方がいてうれしいです。ハマると本を読む余裕がなくなるのでご注意を!! (2004/06/17 23:04)
あかつき > 私はあの髪型とメガネにメロメロ(死語?)ですよ…。土曜日になるとどっちが勝ってもいいからはよ終われ~!とナイター中継に文句を言うてます…。それと、ありんこさん!戸梶氏を読まれてますね!他のとこであんまり戸梶氏の名前が出てこないので、ちょっと嬉しくなってレスしました。関係ない話ですみません。 (2004/06/19 03:37)
ありんこ > ヨン様のかつらがあるらしいですね~。「スキャンダル」では眼鏡をかけてないけど、かけてるほうが素敵です。戸梶さんはちょっと変わった作品が多いようですが、くだらなさが漫画っぽくってなかなかいいです~。あかつきさんのHPお邪魔してプロフィールを見させていただいたのですが、私と同じ「ロマンチックな?」うお座でした~!これからもよろしくお願いしますぅ。 (2004/06/19 09:52)
あかつき > え!うお座ってロマンチックだったんですか・・・。し、知らなかった・・・。今朝、とくだねでサンヒョクが出てて(名前なんだったか?)こっちもいいじゃん!と思ったミーハーな私でした。なんかドラマはもっさりしてるような気が・・・。あぁ!ファンの方、すみません(蹴らないでぇぇ) (2004/06/21 16:44)
[PR]

by arinko-mama | 2004-06-16 09:24 | 読書

なんとなくな日々

a0020440_121446.jpg川上弘美さんのエッセイ。
「センセイの鞄」が好きな人が多いけれど、
前評判を聞きすぎたせいか、私はちょっぴり苦手。
センセイ、ツキコさんとかいうカタカナ文字がどうも
ピンとこなくって。。。大人の世界だからかしらん?

でもエッセイはよかった。江國香織さんと比べると
なんだか親しみやすい!
おしゃれが苦手で、食いしん坊で、お酒好き。
それでいてなんだか女性らしさを合わせ持っている感じ。
かわいらしい人です。

エッセイの中に、ガード下にあるようなお店でお酒を飲むところが
あるのですが、まだ私はそういうお店って入ったことないなあ。
もう少し年を経たら、楽しめるようになるのかしら?
[PR]

by arinko-mama | 2004-05-27 12:15 | 読書

カツラーの秘密

a0020440_9415.jpgQ.「カツラー」って何?

A.カツラをつけている人々のこと。

なのです。スポーツライターである著者が、みずからのカツラ体験をセキララに綴っているという、カミングアウト本なのです!!

カツラって広告だけで、口コミがしづらい商品ですよね。AN社、AD社しか有名どころはないし。行ったら即買わされそうだし、よく仕組みがわかんない。

そんな戸惑いや、カツラーならではの苦労に思わず声を出して笑いつつ、あまりにも切実な悩みに同情しながら、興味深く読ませていただきました。この本でカミングアウトしたおかげか、小林信也の書斎というHPの中に「カツラーの部屋」という掲示板があり、そこがカツラに関する悩みや情報交換の場になっているようです。一人の勇気がたくさんの人を救う。そんな気がしました。興味のある方は、文庫化されているので、是非!
[PR]

by arinko-mama | 2004-05-25 09:05 | 読書

絵描きの植田さん

a0020440_113743.jpgいしいしんじさんの「絵描きの植田さん」を読みました。
いしいしんじさんは「ぶらんこ乗り」などで知っていましたが、
まずは短めなものからチャレンジ!結果☆5つ満点でした!

絵描きの植田さんは事故で妻と聴覚のほとんどを同時に失い、高原に引越し、挿絵の仕事をしながら暮らしています。
ある日、隣りにイルマとメリの親子が住むようになり、交流していくうちに、今まで動物や植物しか描いたことのなかった植田さんの絵に変化が現れはじめます。

これから読む方へ>途中絵が何ページにも渡り差し込まれていますが、これは最初に見ないで、ぐっと我慢してとっておいて欲しいです。私は心洗われるようなきれいな絵にうるうるしてしまいました~!
絵と小説のコラボレーションものはとってもいいですね。

台風が近づいているようで、明日外出予定の私は不安でいっぱいです。
TSUTAYAでビデオレンタルしてきました。今日で半額クーポン最終日なので。
「ぼくのバラ色の人生」&「エンジェル・スノー」です。
見たら感想をお伝えしますね~!!
[PR]

by arinko-mama | 2004-05-20 11:38 | 読書