カテゴリ:多読( 44 )

Miss Malarkey Doesn't Live in Room 10

久々にタンブルブックスで洋書を読んでみました。
少しスピードが速かったので、一時停止をしながらゆっくり読みました。

小学生の男の子。自分の担任の先生は教室にいつもいて、夜もずっと
教室で自分たちの宿題のチェックをしたりしていて、食堂で夜ご飯を
食べて、学校にそのまま寝泊まりしていると思い込んでいます。

すると、ある日、自分の住んでいるマンションに担任の先生が
引っ越してきて、びっくり!ごみを出したり、人を呼んでホームパーティー
したりして普通に生活しています。小学校ぐらいの子どもは、先生の
私生活を垣間見ると驚きますね。そういう感じがよく出ていておもしろいです。
日本の絵本には、こういう内容のストーリーはあまりないような気がします。

中学生の時、吹奏楽部の顧問の先生のうちが近くだったので、友達4人で
遊びに行ったことがあります。女の先生で普通の主婦で、お子ちゃまも
とってもかわいくて。不思議な感じがしましたが、一気にこの先生に
親しみをもったことを覚えています。もっと担任の先生の私生活を
知る機会があるといいですね。

(375語)
[PR]

by arinko-mama | 2014-10-20 13:27 | 多読

A Chanukah Noel

tumble booksで絵本を読みました。
ほとんど基本的な英文で読むことができましたが、時々分からない単語がでてきたので
調べながら読みました。音声を聞きながら目で英文を追いながら理解していったの
ですが、つっかえると、一時停止して意味を調べています。
少しずつ英文を英文のまま理解できるようになってきたかな~??まだまだか。

ユダヤ教のハヌカという行事について知ることができ、宗教上の話だったので、
とても勉強になりました。日本ではみんなクリスマスを祝ったり、特に宗教によって
なにか習慣が違ったり、考え方が違ったりすることがないので、海外に住むことで
初めてそのことを知る人も多いと思うけれど、外国人と接することがこれから増えてくるし、
小さい子どもたちにも宗教上の話はきちんと伝えていくべきなのでは、と思いました。
この話も少女の心の動きがとてもよくわかって、少女の気持ちが両親たちの心を動かし
ていく過程がよかったです。

(1304語)
[PR]

by arinko-mama | 2014-06-23 11:45 | 多読

Mercy Watson goes for a ride

久々に多読にTry。
前にも読んだことがあるブタのマーシーシリーズ。
今回はおじさんと一緒にドライブ。
風が耳にあたって気持ちよさそうな表情のマーシー。
いつも登場するお隣さんのおばちゃん姉妹や、警察のおじさんもおなじみ。
こういうシリーズ物はいつも同じ展開で、読んでいておちつきますね。

花子とアンをみていると、翻訳の仕事は楽しそうです。
ちょっとだけ英会話の勉強になるので、毎日みています。

(2202語)
[PR]

by arinko-mama | 2014-05-12 16:06 | 多読

Mercy Watson Fights Crime

食いしん坊ブタのMercyが活躍するシリーズ。
今回はワトソン家に泥棒が入ります。

割と簡単な英語で書かれているので、辞書なしでも読めました。
イラストがあると、どういう状況なのか分かるし、
あまりなじみのない単語も、こういう意味なのかと推測できます。

いつもいろんな事件が起きるのに、なぜかのんびりとほのぼのしていて、
隣のおばさん姉妹も出てきてかわいいです。

(1905語)
[PR]

by arinko-mama | 2012-10-26 13:11 | 多読

Mercy Watson To The Rescue

ブタが好きなので、ブタさんが主人公の物語を選んでみました。
ブタのmercyはワトソン夫婦の家に飼われていて、暗闇が嫌い。
夜眠るまで歌を歌ってもらえますが、歌が終わると部屋は真っ暗。
怖くて眠れません・・・

そこでmercyはワトソンさんたちのベッドで一緒に眠りました。
夢にはたくさんのバタートースト。おいしそうです。
ところが、ワトソンさんのベッドが大変なことに・・・

というお話。にぎやかでかわいらしくて、読み終わった後
あたたかい気持ちになるいいお話です。
動物が出てくるお話は、子供が読んでも楽しいでしょうね!
ブタ好きな人におすすめです♪

(1929語)
[PR]

by arinko-mama | 2012-10-17 11:00 | 多読

Song of middle C

a0020440_1235861.jpg
ピアノを習っている女の子の話。
もうすぐ初めての発表会。
森の妖精が踊るという内容の曲を弾くことになっていました。
ピアノの先生は、想像力を豊かにして、その曲を弾くようにと言います。

彼女は最後。何人もの子供たちが並んで自分の番を待っています。
いざ、彼女の番になると、曲のことはすっかり頭から消えてしまいました。
そこで彼女は即興で Song of middle C という一つの指だけで演奏する
曲を演奏したようです。(訳があっているかわからない)
すると観客からは拍手喝采!先生や家族からも誉められます・・・♪

私はピアノを習っていたことがないけれど、子供は発表会などでとても
緊張しますね。そのとき、長い間練習していたことよりも、即興でしたものが
かえってみんなの感動を得たりするものです。
なんだかかわいらしい絵本でした。

(554語)
[PR]

by arinko-mama | 2012-06-06 12:11 | 多読

Bad for them, good for me.

a0020440_12434527.jpg
久々にtumble booksで絵本を読みました。
opposite 反対語を連発する、とてもいい絵本でした。
男の子が一日の流れの中で、反対語を上手に文章にいれながら説明してくれます。
海外では、子どもを祖父母に預けて、夫婦二人だけでどこかにでかけたり
することがあるんですよね。今回もその話が出てきたけど、結局当日雪が降って、
行けなくなっちゃって、両親にとってはbadだったけど、僕にとってはgoodだって。

なんだかかわいい内容ですが、時々意味が分からない単語が出てきたので、
あとで調べてみようと思います。
スピードは少し速いかな~ぐらいでしたが、聞き取りやすいです。

(745語)
[PR]

by arinko-mama | 2012-03-14 12:49 | 多読

Marsupial sue シリーズ2冊

a0020440_10415417.jpg
カンガルーのスーは、自分が属しているカンガルーの仲間のように、
飛んだり跳ねたりするのが嫌い。
好奇心旺盛なスーは、他の動物がしているように木に登ったり、
海で水の上で寝そべってみたりするけれど、結局病院送り。

自分の居場所がどこなのか、右往左往しながら探っていく様子が
人間のそれと重なるところがあって、深くうなずいてしまいました。
いいお話です。

(409語)

a0020440_104255.jpg
ランチ用にパンケーキを焼いていたら、パンケーキが逃げ出した!
森の中でいろんな動物にあって、そのたびにランチに食べたい!と
みんな追いかけてきます。
パンケーキが歌う歌が繰り返し繰り返し登場するので、
リズムよく次に進めます。
最後がどうなるのか気になって、絵本の王道のような作品でした。
おもしろいです。

(1451語)
[PR]

by arinko-mama | 2012-01-17 10:49 | 多読

THE BIG JUMP & THE BEARS' HOLIDAY

a0020440_16405333.jpg
寒くなってきたので、朝起きてこたつに入って読みました。
王様は町中でただ一人、犬を飼っていい人となっていました。
たくさんの犬を飼っている王様のところに集まった子供たちの中に
ベンがいました。ベンと王様のちょっとしたとんち話のような感じ。
(1842語)

a0020440_1641680.jpg

こちらは季節はずれですが、夏の話。
くまの親子が浜辺で泳いだりするときに、注意することをお父さんが息子に
教えるのですが、なんだか可笑しい。
ちょっと漫画にありそうな話で、笑えます。
楽しんでいるうちに絵本が終わりました。
(655語)
[PR]

by arinko-mama | 2011-11-26 16:47 | 多読

The Raspberry Room

a0020440_1423330.jpg
長めのをもう一冊。
こちらは女の子のお話。
アビーはラズベリーの茂みの中に部屋をみつけました。
探検家になって遊びたい気分なのに、いつも仲良しのローラは
ブランコばかりで、呼んでもちっとも興味をしめしません。
塀の向こう側で遊んでいるうちにさよならも言わずに帰ってしまいました。

アビーは心が痛みます。ローラはいつも習い事で忙しく、ようやく
遊べたと思ったのに、同じ遊びで仲よく遊べませんでした。
アビーの弟はまだ赤ちゃん。家で遊んでも外に出てもうまくいかないアビー。
そんな中、一人の少年が登場します・・・

小学校低学年ぐらいかな?自分が遊びたいことが友達と違ってきちゃう
ことは成長の過程でありますね。習い事があったりして、スケジュールが
なかなか合わずに遊べなかったり。下の子の面倒で忙しいお母さんだったり。
なんかあ~分かる、そのもやもや。というところをよく描いているなあ、
と思いました。おすすめです。

(5395語)
[PR]

by arinko-mama | 2011-11-16 14:33 | 多読