2015年 11月 15日 ( 1 )

「可愛い世の中」山崎ナオコーラ

登場人物が多い作品に弱い私。4姉妹の物語かと思ったけれど、
最終的には豆子なんですね~。

豆子の考え方は理屈っぽくて本当に面倒くさいけれど、
結婚して子供もいる私にとっては、全然違う境遇なわけで。
それでもその主張を理解したいと、豆子の思いを一生懸命読んで
共感したくなってしまった。

結婚して子供を産んでから、独身で仕事を続けている友達に
あったことがあるけれど、彼女は終わったとの感想で、
子供の話が中心になるかと思ったけど、そうではない話がたくさん
できて、うれしかったと書いていました。

もう最近では、女性が経済力を持ってきているし、一人で生きようと、
主夫が増えようと、同性婚が増えようと、どんな生き方でも
いいんじゃないかと、思うようになりました。
ナオコーラさんの言う、性別を超えた人間関係は私も理想だし、
いろんな形の人と人のつながりがあってもいいし、これからは
そういう小説をもっと読みたいし、書いてほしいなあと思います。
[PR]

by arinko-mama | 2015-11-15 16:48 | 読書