「多眼思考」ちきりん

ちきりんさんのツイッターをまとめたもの。
短い言葉で的確に世の中を斬っていく言葉の数々・・・。
どれも正論ばかりで、大多数の人がそれに流されて日々を送って
きているけれど、それは何も考えていないからなのかも。

ちょっと思考を停止して、今の生き方でいいのか、考えて
みることが必要なんでしょうね。日本の未来は暗い、暗いと
言っていても何も変わらない。一人一人が自分の生活を人生を
楽しく変えていけば、日本の未来は明るい。そう、ちきりんさんは
伝えてくれている気がします。

一人旅とか全くしたことがないし、一人で楽しめそうにはないけれど、
一人の時間というのは好きです。家族がいなかったら、一人旅を
していたかもしれませんね。いろんな場所でいろんな新しいものを
見るのは大好きなので。みんなと一緒にいても、一人でふらっと
気になったものを追いかけてお店に入っちゃったり、足をとめて
眺めてしまったりする子供だったので、今でもその癖が抜けず、
団体行動が苦手です。

働き方を変える、生き方を変えるというのは勇気がいるし、
それを恐れていては何も変わらない。それを教えてくれた一冊です。 
[PR]

by arinko-mama | 2015-11-11 11:21 | 読書

「太陽がもったいない」山崎ナオコーラ

最近気に入っている作家さん、山崎ナオコーラさん。
ベランダでガーデニングをしながら思ったこと、実践したことの
あれこれをまとめたもの。ガーデニングに興味のない人は
読んでもわからないし、共感できないかもしれません。

マンション暮らしが長いので、今までハーブ、子供が小学校で
育ててきた朝顔、プチトマト、普通のお花、いろいろ育ててきました。
ハーブはほっておいても伸びるし、イタリアンを作るときに便利。
プチトマトはどこまでも高く伸びるので、支柱などの世話が大変。
パンジーはアブラムシとの闘い。いろいろありました。

ガーデニングの何がいいのかというと、無心に手入れをしているとき、
ぼーっとできるからかしら?お日さまにあたって、はさみでチョキチョキ
手入れして、時々下に通る人々を眺めたり、空や景色を眺めたり。
家の中では家族がのんびりしていて、それをベランダ側からみるという
のも、なんだか心地よかったり。一人になれる時間が好きなんですかね。

後半は震災後の緑のカーテンの話や日本文学史をどのようなものに
していくかとか、深い話になっていて、考えさせられました。
とにかく書いてくだされば、読みたいので、引き続きナオコーラさんの
作品を読み続けたいです。
[PR]

by arinko-mama | 2015-11-11 11:08 | 読書