2009 ベスト10

今年は168冊の本を読みました。最近では一番多いと思います。
興味の赴くまま、面白そうな本をどんどん読んでいきました。
生きるということがどういうことなのか、そんなことを考えたりする本や、
家族の絆って大事だなあと改めて考えさせられる本や、先生と子どもの本、
そして太宰治など、有名だけどまだ読んでいない本に触れた一年でした。

うまく絞りきれませんでしたが、印象に残ったもの、よかったものです。
装丁が好きなものも含みます^^。

 「大草原の小さな家」 などのローラシリーズ(まだ途中です)
 「ゼブラ」 ハイム・ポトク
 「アルゼンチンババア」 よしもとばなな
 「ナゲキバト」 ラリー・バークダル
 「斜陽」 太宰治
 「雪だるまの雪子ちゃん」 江くに香織
 「森に眠る魚」 角田光代
 「火のくつと風のサンダル」 ウルズラ・ウェルフェル
 「さよなら渓谷」 吉田修一
 「モギ ちいさな焼きもの師」 リンダ・スー・パーク

あと、漫画ですが、高野文子「るきさん」と益田ミリ「週末、森へ」が娘と一緒に
読んで、いい感じのお気に入りです。
だんだんと娘と一緒に同じ本を読むことが出来るようになってきたのも
うれしい一年でした!下の子には絵本を読みましたが、ま~だ内容とまでは
いかないみたい。これからが楽しみです。
そういえばパパと一緒に同じ本を読むってないなあ・・・好みが違うのね・・・^^
[PR]

by arinko-mama | 2009-12-30 00:00 | 読書