「大きな森の小さな家」 ローラ・インガルス・ワイルダー

a0020440_15491620.jpg
子どもの頃、大草原の小さな家をよくみていました。
ハイジや北の国からなど、自然の中で生活する家族ものが好きで、
今でも北欧のやかまし村のこどもたちやロッタちゃんも大好きです。

ローラの語りで進む物語は一年間を通して、森の中で、食糧を確保しながら、
工夫して生きる家族の姿がとてもすばらしい表現で語られていきます。
こんなにきれいで詳しい季節の移り変わりの表現はあまり読んだことがないくらい!

ローラの家で飼っている豚を食べるところがすごかった。
丸焼きにしたあと、ラードにしたり、切り分けて保存したり、ソーセージにしたり。
尻尾は焼いて、ローラたちのおやつになる・・・これがなんだかおいしそう!

そして、かえでから採るシロップ。砂糖蜜を外でとったきれいな雪にかけて
冷やして固まったところを食べるとか・・・もうどんな味なの!どんな触感なの!と
その場に私も参加したいものばかり・・・あ~おいしそう!!!

これからの続きもたくさんあるようなので、少しずつ読んでいこうと思います。
シリーズものはあまり読まないのですが、このシリーズは続きが読みたくなりました!
ドラマもまた再放送しないかな。とってもいい家族愛ドラマだったんだけどなあ。
[PR]

by arinko-mama | 2009-12-01 15:58 | 読書