私が語りはじめた彼は

読み終わりました!
三浦しをんさん。「格闘する者に○」で、その表現力のすごさに圧倒されました。
この本で2冊目。今回のは一人の大学教授をめぐる人々の連作短編集でした。

家族って、夫婦って、愛ってなんなんだろう。
そんなことをず~っと考えてしまう、物語たちでした。
読後感がいいとは言えないけれど、すごく満足感のあるどっしりとした内容でした。
読まないで返さなくってよかった。

次の人、おもしろい本ですよ~。明日返しますね~!!
[PR]

by arinko-mama | 2004-08-25 22:50 | 読書