「12歳の大人計画」 松尾スズキ

a0020440_21524928.jpg
NHKの「課外授業ようこそ先輩」という番組。
時々みています。松尾スズキさんの出身校、福岡の折尾西小の6年1組で授業。
テーマは、「大人って何だろう」です。

松尾さんは小6の頃、早く大人になりたい。と思っていたそう。
けれど、6年1組の生徒は全然そんなことを思っていない。
割と満ち足りてるのかな・・・?
大人になれば○○できる。うらやましい。とか、そういうのがあまりないのかな~
私自身は、大学生くらいになって、いろんな勉強したり遊びをしたりというのが
楽しそうだから、少しあこがれのようなものがあったかもしれません。

続いて、「銀座の恋の物語」を朗読。みんなで歌ってみる(笑)
昔の歌謡曲の詩は大人っぽかった。というわけなんですね~。
私たちの頃の歌もそうだったかも。小林明子の「恋におちて」とか。
よく分からないで歌っていたかもしれません・・・

で、その後、大人っていうイメージを順番にあげていきます。
仕事ができる 銀座 セレブ オヤジギャグ 出産できる 何かを教える
とか・・・そうか、小学生からみた大人ってそんな感じなんだろうなあ~。
そして、最後にどんな大人になりたいかを一人一人。
「やさしいおとなになりたい」 「一日一日をたのしく過ごすおとなになりたい」
などなど。うーん、いい授業だったみたい。

自分自身は子供の時から考えてることややっていることが何も変わっていない
気がするのに、やっぱり出産して子供を育てるようになってからが一番
変わったような気がします。自分のことだけではなく、子供たちのことを
まず考えるようになったこと。これが大きいかな~。
それによって、両親の気持ちも分かるようになったし、いろんな大人の
思いも分かるようになった気がします。
こんな授業を実際の小学校でも時々やるといいですね~。
[PR]

by arinko-mama | 2009-10-05 22:09 | 読書