「天声人語 2008年7月~12月」

a0020440_012164.jpg
1956年生まれのお二人が交代で執筆しているとか。
去年あった出来事なのに、遠い昔のことのように思えたりします。
福田総理とか。オバマさんが選ばれる前とか。
亡くなった赤塚不二夫さん、緒方拳さん。

朝日新聞はとっていないので、毎日読むことはできないのですが、
この限られた文字数の中で、起承転結、うーん。と唸らせる文章を書くのは
結構大変なことと思います。二人でまわしているなんて!

いろいろな文献の引用も多数。実際に読まれた膨大な本の中から、
そのために探してくるのかと思うと、すごいことだと・・・。
季節の話題、事件のこと、ニュースにまつわること、故人をしのぶもの。
毎日毎日一つずつ、短いながらもその年の時代の流れを読むことができて、
なかなか興味深かったです。
 
ちなみに去年の10月3日の天声人語は、オリックス清原、涙の引退。
でした。今年は立浪選手が引退して、球場に清原もきていましたね。
活躍した選手が最後を迎えるのはとても寂しいことです。
年末にむけて、どんなニュースが飛び込んでくるのか。
また今年の天声人語をいつか読んでみようかな。
[PR]

by arinko-mama | 2009-10-03 00:25 | 読書