「きみにしか聞こえない」 乙一

a0020440_16311181.jpg
久々に胸がせつなくなるお話でした。乙一さん、上手いですね。
3つのうち、2つが映画化されているよう。玉木宏くんとか、小池徹平くんとか・・・
こういう話は、今の若い人に支持されるんだろうなあ・・・

特に表題作がよかったです。
友達もいなくて、携帯を持っていない女の子。急に頭の中で電話がかかってくる。
自分と同じようにさびしい気持ちを抱える男の子から。
そして二人の不思議なつながりが始まる・・・

携帯がなくても友情が成り立つような世の中がいいですね。
幼稚園ママになって、携帯なしでは、この輪の中に入っていけない気がして、
結局買いましたが・・・
連絡事項をいっせいにメールしてくる人やら、日々の娘の話を日記風にメールする人
やらいろいろいました。今思うと、おもしろいです。

人はみんなどこか寂しい気持ちを抱えて生きている。
携帯がそれをつないでくれるツール。
でもそこに何か素敵なつながりがあれば、一つの物語ができるのかもしれません。
「バグダッド・カフェ」のコーリング・ユー大好きなので、
読んでいる間は、曲が頭の中を流れっぱなしでした。
[PR]

by arinko-mama | 2009-08-27 16:41 | 読書