「紳士とオバケ氏」 たかどのほうこ

a0020440_2221553.jpg
NHKの「おはなしのくに」で最後の方をみたらおもしろかったのですが、
近くの図書館になくて、ずっと読みたかった一冊です。
飯野さんの絵、インパクトがありますね。他の登場人物のおばさんとかもいい味だしてます。

マジノマジヒコ氏はとても真面目。いつも12時に寝るのですが、ちょっと夜更かししたところ、
自分とそっくりなオバケに家の中で遭遇。
オバケ氏によると、真夜中の12時からはオバケ氏の活動時間。とのこと。
自分の知らない間に、オバケ氏が家に存在していたことを知り、びっくり。

でもその後、夜中も起きてオバケ氏とチェスをしたり、昔の話をしたり・・・
なんともいえない微笑ましい交流が始まります。
そのせいで、会社では真面目で通っているマジヒコ氏がちょっとはずれた行動をとる
ようになり、同僚たちが「実はマジヒコさんは面白い人なのかな・・・」なんて
話し合いはじめて、マジヒコさん家にきちゃったりするところがおもしろい!

なんだか平和で、真面目でいい人のマジヒコさんがかわいらしくっていいです。
こんな話を思いつく、たかどのさんがすごい。
娘にも読ませたけれど、たくさんの子どもたちに読んで感想文を書いて欲しいなあ。
[PR]

by arinko-mama | 2009-08-11 22:12 | 読書