「きんぴらふねふね」 石田千

a0020440_1103378.jpg
石田千さん。初めて読みました。もう「石田千」ブランド確立という感じの・・・
他にまねできないスタイルですね。エッセイというか物語というか・・・
これ全部彼女の日常なのだとしたら、すごく素敵な生活ですね~。
立ち食いそばもしたことないし、のれんくぐりもしたことのない私には、
とても新鮮で、うらやましい限りでした。
独身だけど、時々一緒にご飯を食べたり、旅行に行ったりする友達がいて・・・
毎日24時間自分のための時間が使えるということが今の私と全然違う。

だから、まだ独身だった、都内でOLをしていた頃のことを思い出しました。
毎日、今日のランチはどこで食べるかな~。と楽しみに。
同じ職場の同僚や、パートのおばさまや同期の友達。その日によって
食べる人が違ったけど、今でもそのシーンが目に浮かびます。
そして、東京って、ちょっと歩くだけで、ありとあらゆる種類のものが食べられる。
なんだか懐かしく思い出しました。

アイスクリームの売り子さんのアルバイトをしていたときの話が印象的。
こんな風に一つの食べ物から、ふわーっと素敵なエピソードを書ける人、
いいですね。私も春のお花見の仲間に加わってみたいなあ・・・
[PR]

by arinko-mama | 2009-07-19 01:21 | 読書