「黄色い目の魚」 佐藤多佳子

a0020440_1824307.jpg
単行本の表紙は鉛筆。デッサンの・・・という意味なんでしょうね。
文庫版の表紙だったら、手にとって、棚に戻していたかもしれません(笑)。
かわいらしい青春小説でした。もう少し早く読みたかったなあ。
大学生から20代ぐらいにオススメの一冊ですね。どうしても親目線で読んでしまう・・・

湘南が舞台の小説はあまりないので、湘南大好きな私としては、それだけでも
なんだかうれしかったです。爽やかでいいです~!!
サッカーしないし、絵も描かないので、主人公二人の気持ちが全部分かったわけでは
ないけれど、もやもやした気持ちや大人への憧れや不満が入り混じったような気持ちは
とても手に取るように分かって、うまいなあ~。と思いました。
玲美ちゃんが好きです。お兄ちゃんとの関係もいいし、恋愛に対してもまっすぐで。
彼女にはこれから幸せになって欲しいなあ。と母のように願う私です。

「しゃべれどもしゃべれども」が好きです。佐藤多佳子さん、他にもいい本ありそうな予感。
そうそう、この前、娘が「ごきげんな裏階段」おもしろかった~っていってたっけ。
児童書もきっとおもしろいんだろうな~。
[PR]

by arinko-mama | 2009-07-01 18:30 | 読書