「神の子どもたちはみな踊る」 村上春樹

a0020440_0475823.jpg
新作が発売前にもうすごい人気の村上春樹。海外にもその人気が・・・。
昔何冊かまとめて読んで、何年か前に読んだのが「アフターダーク」。
なんでそんなに人気があるのかな?と改めてこの短編集を読んでみました。

短篇なのに、一つ一つが長編であるかのように、内容が濃くて、
印象に残る作品でした。
再読するのはあまり好きではないのですが、これはもう一回読み返したくなるような
フレーズが詩的で、いろんな知識と引き出しがある人なんだなあ。と改めて
感心させられました。ちょっと感想をうまくかけない自分がいます。
追いついてないんでしょうね~(笑)

事実、ジャズに関する知識もないし、ジャック・ロンドンの「たき火」も
ドストエフスキーの「白夜」も読んだことがない・・・
そういった好奇心を刺激するような本が最近あまりないので、
なんだかうれしくて、どんな音楽なんだろう?どんな本なんだろう?
と想像させてくれた時間に感謝です。
[PR]

by arinko-mama | 2009-06-30 01:13 | 読書