「記憶の食卓」 牧野修

a0020440_14563362.jpg
久々に出ました。「なんじゃこりゃーーー。」シリーズ。
ホラー映画は苦手ですが、なぜか読める本もある・・・
あ~でも、これは正直言って、気持ち悪いし、怖いし・・・。

名簿屋に勤める折原。いろいろな名簿を目にするうち、新しい名簿になんと自分の情報が!
もう、ここまでで怖いですね。しかも顔写真つきです。
そして、そのリストに載っている人物全員知らない人なんです。怖いですね。
そしてそして、テレビのニュースで凄惨な殺人事件の被害者がその名簿に
載っている・・・あ~怖いですね、怖いですね、怖いですね・・・。

タイトルが「記憶の食卓」なので、食べることに関係しているのですが、
読みながらギャル曽根ちゃんを思い浮かべてしまいました。
いつもきれいに、気持ちよく食べる彼女に感心しますが、大食いのTVを
みるのが気持ち悪いと思う人が中にはいると、新聞で読みました。
そういわれれば、あまりにもたくさんの食べ物がサクサクと口に入るのをみて、
自分も食べた気になってしまう。。。ということもあるのかしら???

たまにある、なんじゃこりゃシリーズ。そういう本に時々当たるのもまた
楽しいです。でも一気読みでドキドキしてなかなか面白かったです。
[PR]

by arinko-mama | 2009-06-12 15:04 | 読書