「伝統食の復権」 島田彰夫

a0020440_1530241.jpg
ひまわり歯科の女医さんの講演会を何かのTVで聞いてから、
幕内秀夫さんの粗食の本をまた読み直し、そして、この本に辿りつきました。
上の娘が幼稚園のころ、「粗食のすすめ」を読んで、いいなあ。とは
思っていたものの、玄米とかはできないなあ。と、そのままに。

でも島田さんの「伝統食の復権」を読むと、日本人の食生活が欧米化したことで
アレルギー疾患が増加したり、乳がんや大腸がんが増えたり、生活習慣病が
増えたりしているわけで・・・。
また本来の日本人がしてきた食生活を見直して、改めていかないといけない。
と思いました。

幕内さんは学校給食の完全米飯化をめざして、一生懸命講演活動を続けて
いらっしゃるようです。上の娘の学校も週3回ご飯、週2回パンです。
パンにはたくさんの砂糖が含まれていて、パンにあうメニューはどうしても
油脂ものになるそう。それにゼリーやプリン。といったメニューが多い(確かに!)

きちんと咀嚼することで、歯の健康も保たれ、唾液を出すことで酵素が働いて
体がきれいになるとのこと。そして、清涼飲料水や炭酸、ジュースは砂糖の
かたまり。体によくない。
いろいろと話を聞いていると、なるほどと思うところも多く、本もあわせて読んだり
して、食生活も少し変えてみるようにしています。

最近はお弁当を作る人も増えてきているし、パンを自分で焼く人も増えているし、
添加物が心配!とコンビニやスーパーのお惣菜を買う人も減っているかな?
ま、たまにはマックが食べたかったり、いろいろありますよね~!!
イヤイヤ、誘惑に負けず、しっかりした食生活で家族の健康を守らねば!
と思う母なのでした~~~。
[PR]

by arinko-mama | 2009-06-01 15:47 | 読書