「ラジ&ピース」 絲山秋子

a0020440_14414973.jpg
FM局のパーソナリティの女性。都内から群馬のFM局に転職。
全然その土地になじもうともせず、社内でも交流をもとうとしないけれど、
いざ、スタジオの中に入ると、名パーソナリティとなる野枝。
自分の声が広がっていくのが好き。リスナーからの手紙には嘘で固めた自分で答える。
そんな自分に好意をもつリスナーたち・・・

私も遠い昔、FM局でニュース読みのアルバイトをしていたことがありました。
当時はその局の番組をたくさん聞いていました。
佐藤竹善さんや、谷村有美さんのラジオが夜やっていて、大好きだったんだけれど、
ちらっとみる機会があって、もう、心臓が破裂しそうなほどドキドキしました。
ラジオの世界って不思議ですね。その人と一対一で会話しているような感覚、そして
他のリスナーさんとつながっているような感覚。今でも車に乗るとFMをつけてしまいます。
相談のメールに、一生懸命答えているパーソナリティ。
でも、実際は野枝さんみたいに、適当に答えているだけかもしれない。
それでも、頭の中では、きれいなパーソナリティ像ができあがって・・・

ラジオの世界を描いた作品はあまり少なくって、
(ラジオのDJが昔の恋人・・・的なのを以前一冊紹介したような・・・)
新鮮でおもしろかったです。妹さんとの関係、友達や恋人との関係、リスナーとの関係。
ひとつだけ残念だったのは、群馬県の高崎とかをまったく知らないことです。
土地勘があれば、もっと楽しめたのになあ・・・。とにかくとてもよかったです!
[PR]

by arinko-mama | 2009-03-11 14:57 | 読書