「生協の白石さん」 白石昌則

a0020440_22382349.jpg
昨日はパパの誕生日でしたし、おひなさまのお祝いもかねて、お花を飾ろうと思い、
上の娘を連れて近所のお花屋さんに行ったところ、
「今日は高校の卒業式があったので、お花が少なくってごめんなさいね・・・」と
言われました。そうなんですね、もう卒業式なのね。まだ3月1日なのに。早いなあ。

卒業ソングは私たちの頃はアイドル全盛期でしたから、菊池桃子ちゃんとか、斉藤由貴ちゃん
とか、もういっぱいありましたね~。
そんな80年代アイドルのモックンがアカデミー賞受賞。すばらしいです。
シブガキ隊の中ではモックン派だった私ですが、「シコふんじゃった」ぐらいしかみていません。
でも、はなまるカフェで、ヤックンとモックンが久々に話しているのをみて、なんだかうれしく、
この前、キョンキョンとも並んで立っていたり、番組でトークしていたのをみて、
これまたうれしかったです。

話がそれましたが、「生協の白石さん」は大学の生協の職員さんと大学生のやりとり。
大学時代このような掲示板があったかどうか、全然記憶にありません・・・
でも、生協は便利に使っていたし、宮沢りえちゃんのサンタフェを見たのも確か生協。
そんな学生時代を思いだしながら読みました。

ひとつひとつどんな質問にも丁寧に、ユーモアを交えて返答する白石さん。
すばらしいですね~。人柄がいいんだわ~!
ちょうど子どものたわいない質問に丁寧に答えるどこかのお父さんのような・・・
そういう意味で、娘からの「なんでそんなくだらないこと聞くの?」的な質問にも
これからは白石さんのように必ず一回受け止めて、答えを探していかないといけないなあ。
と反省しました。ついついまじめに怒っちゃって、大人げない対応になってしまいますね。
いけませんね・・・

小学校の頃に人気の先生って、こういう白石さんのような人だったかも。
どんな質問でも何かちゃんと返してくれる・・・聞いてくれているんだ。という安心感が
子どもたちを支えているんでしょうね。
学ぶところが多い、とても参考になる一冊でした。読んでよかったです。
[PR]

by arinko-mama | 2009-03-01 22:57 | 読書