「長い終わりが始まる」 山崎ナオコーラ

a0020440_11481.jpg
「浮世でランチ」も会社になじめず、一人でランチをするOLの話だったけど、また・・・
大学生の小笠原。(女の子ですが、登場人物は全員苗字なので、最初分からなかった)
マンドリンサークルで、特に役職などのポジションもないのに、音楽が好きで
4年間居続けている・・・

懐かしい大学生時代の会話。音楽サークルではなかったので、専門用語とかは
よく分からないけれど、雰囲気は伝わってきました。
思い出作りのためにいろんなことをすることを嫌う小笠原。
そんな風に思ったことはないから、彼女の考え方には、そういう風に思う人もいるんだ。
という感じ。でも、理解したいような気もします。

大学生生活は学業のほかにサークルや、途中から就職活動も。
居場所を見つけるのに、苦労する数年間でもあります。
今は携帯電話やネットの掲示板もあるし、人間関係もより複雑なんだろうなあ。
なんてことを考えました。
社会に出ることもなく、好きなことだけをして生きられたら楽なんだろうけれど、
そういうわけにもいかないんですよね。そんな歯がゆい気持ちが出ていたのかな。
[PR]

by arinko-mama | 2008-11-17 01:24 | 読書