「パジャマガール」 きどのりこ

a0020440_111690.jpg
3つの短編が入っています。前2つが好きです。

「パジャマガール」は学校を拒否し続けている小5の少女アッコ。
いつもパジャマを着て、団地の公園の砂場にいたりするので、近所の人たちから
避けられているような存在。
ある日、アッコと同級生のミナが、自分の家からみえるその砂場で、
三日前から行方不明だったミナの飼い猫を生き埋めようとしているアッコをみかける。

弟が心臓にバイパスをつける手術をすること、そしてその弟が飼い猫を大事にしている
ということ、なぜ生きている猫を埋めるようなひどいことをするのか。と問いかけるミナ。
「うざったい」と言いながらも、動揺した様子のアッコ。

次の日から二人は仲良くなり、親からの虐待、登校拒否の理由など、ミナにうちあけて
いくアッコ。ある日、アッコが立ち直るきっかけとなる出来事がおきる・・・

児童書の短編なのであっけないくらい短いのですが、もっといろんな話や、
その後のアッコなど、続きも読みたかったです。
ただちょっと児童書というよりは、中学生ぐらいから大人対象かな~。
[PR]

by arinko-mama | 2008-09-26 01:15 | 読書