「秘密の島のニム」 ウェンディー・オルー

a0020440_1522367.jpg
この秋公開の「幸せの1ページ」の原作本です。
作家アレックス役のジョディー・フォスターが、自分の息子がこの本を読んで、
本を読むことが好きになった。と、話していたのをみて、
上の娘が読んでみたい!と言っていたのですが、偶然図書館の新着図書にあって、
早速親子で読みました。「おもしろいから、早くママも読んで~!」とせかされながら。

詳しい内容は映画をみると分かると思うので、お楽しみに。
私が感心したのは、ニムという少女が無人島で動物たちと会話をし、たくましく生きる
術を父親から学び、どんな場面でもあきらめずに前進しているところです。

映画ではアレックス主体に描かれているようですが、原作はニム主体なので、
子どもが読んで、とても元気づけられるし、ニムになった気分で冒険もできるし、
読み始めたらとまらない一冊になると思います!!
親子で読むのにおすすめ。そして映画ももちろんいつか娘と一緒にみたいと思います!
[PR]

by arinko-mama | 2008-09-20 02:07 | 読書