「幽霊の恋人たち~サマーズ・エンド」 アン・ローレンス

a0020440_1363699.jpg
学校に通う次女リジー、三女ジェニーと違って、長女のベッキーは学校も終わり、家の手伝いの日々。
二人の帰宅を待っていたところ、正体不明の男がふらっとやってくる。
住み込みで働くようになったその男、レノルドさんから、三姉妹のお気に入りの部屋を貸す
「お家賃」として、いろいろな「お話」を聞かせてもらうことに・・・
幽霊や妖精のようなものと人間とのラブストーリー。

こういうファンタジックなものは少し苦手な私です。
(ハリー・ポッターとか長く続く物語とかは全然なじめないし。)
でも、レノルドさんのお話を私も一緒に三姉妹と聞いているような気持ちで、
とても楽しめました。短編がいくつも入っているという形態がよかったのかも。

お話に出てくる女性たちも、長女のベッキーも、自分の意志をきちんと持っていて、
自立しているところに好感がもてました。
あとハロウィンをかぼちゃではなく、かぶでやっていたのがおもしろかったです。
[PR]

by arinko-mama | 2008-09-15 01:47 | 読書