「ししゃも」 仙川環

a0020440_14322323.jpg
最近、読書日記のようになっていますね~。
「ししゃも」っていうタイトルにひかれて・・・。めずらしいですよね。
娘も、「ママ、ししゃもっていう本読んでるんだ。」とつぶやくし(笑)。
仙川環さん、初めての作家さんです。

東京で商社に勤めていた恭子。
北海道の片田舎に帰ってきたところ、実家の自転車屋は父親の病気で閉店。
他の商店街もショッピングセンターにおされ気味。

たまたま水産試験場で「虹色ししゃも」を見た瞬間、これは町おこしになるぞ!と
過去の商社づとめの経験をいかして、ビジネスチャンスと飛びつく。
でも、当の開発担当者はなぜか乗り気じゃない・・・
どんどん進んでいく「虹色ししゃも」のビジネス話と平行して、
開発担当者の謎が明らかになっていく・・・ミステリーっぽい~~。

なかなかおもしろかったです~。
「虹色ししゃも」、実際にあったら、楽天で買っちゃうのになあ~。
[PR]

by arinko-mama | 2008-05-27 14:40 | 読書