「ユアボイス」 新津きよみ

a0020440_2256324.jpg
新津きよみさん。初めての作家さんです。
「カカオ80%の夏」に続き、ミステリYA!シリーズ。児童書コーナーにありました。

岡里菜(オカリナ)という名前の美術教師。2年前に何者かに殺された恋人のことが
忘れられずにいたところ、赴任した中学で、その恋人とそっくりの声の持ち主の
男子生徒と出会う・・・その男子生徒は、特殊な能力の持ち主で・・・

YA向けなのか、ちょっといろんな人物の設定や、名前の話や、お父さんの職業のことや、
いろいろまわりくどくて、何のテーマに重きをおいているのか、よく分からなかったです。
でもあとがきを読むと、14歳ぐらいの子供たち向けに、職業のことも描きたかったようで、
フムフムと納得。

声がテーマのところは、すごく魅力的で、興味をもったのだけれど、
少年のもつ特殊な能力が事件解決につながる。という点があっさりで、
「えっ?もう事件解決なの?」という、軽めのミステリでした。
中学生ぐらいが読むなら、ちょうどいいおもしろさなのかもしれません~!
[PR]

by arinko-mama | 2008-05-08 23:06 | 読書