「れんげ野原のまんなかで」 森谷明子

a0020440_11414663.jpg
森谷明子さん。初めて読みました。
図書館司書の文子を中心とした秋庭市立図書館の分館で起きる数々のミステリ。
なんだかおもしろそうなので、借りちゃいました。
大学で図書館学を専攻したので、図書館で何かのお仕事をするのが夢です~。
特に、この図書館は利用者が少なめで、のんびりしていていいかも!

図書館のいろんなきまりや、分類のこと、利用者を増やす工夫、などなど、
図書館勤めの人や、本好きの人などにはぴったりな内容です。
児童文学の本が2冊出てくるのですが、2冊とも未読でした。(たぶんみんな読んでる)
知っていたら、もっと楽しめたかもしれません。

少し文体にクセがあるような気がして、最初は慣れなかったのですが、
このシリーズは短編集のような感じなので、また第2弾があったらいいのになあ。と
期待しています。
[PR]

by arinko-mama | 2008-01-30 11:51 | 読書