ツ、イ、ラ、ク 姫野カオルコ ★4つ

友人がすご~くすご~く勧めていて、読みたかった一冊。図書館で返却本のところに並んでいたので、すかさず手に取りました~!わ~い!という気分で、2時間ぐらいで一気読み。でした。

姫野カオルコさんは「ドールハウス」以来、エッセイも読もうと思いつつ機会がなくて2冊目です。直木賞は逃しちゃったんですよね~。小学校高学年から中学生までの思春期。よくこれほど忠実に、リアルに再現できるんでしょう!もう過ぎ去ってしまってただの思い出と化してしまったけれど、変質者にあったのも、体育の先生に触られたクラスメイトがいたことも、すごい描写の漫画を持ってきて取り上げられた女の子が「返せ!」とすごい迫力で先生に食ってかかったのも本当にあった出来事で。。。いや~多感で複雑で、難しい年頃ですよね~このころって。

そんな中での教師との恋愛を中心にいろんな人物が出てきますが、ラストの数十ページですっかりジ~ンときてしまい、あ~本当に心から愛していたんだなあ。としみじみしてしまいました。ドラマティックな展開ではないけれど、一つの愛の形として、たくさんの人に読んで欲しい作品です。特に女性にオススメです~!!


--------------------------------------------------------------------------------
ぱせり > わたしのところに来てくださってありがとうございました。小学校高学年から中学生までの思春期?おもしろそう。いつか読んでみたいと思います。 (2004/07/20 19:48)
ありんこ > 実際には先生に恋をしたことはないけれど、他の学校での出来事なんかがすごく懐かしくてオススメです。ぱせりさんもいつか読んでみてくださいね~! (2004/07/20 21:48)
nanako > 最近読んですごーく良かったです。友人が高校時代の講師のセンセイが好きで、学生時代~社会人になっても6年越しのアプローチして見事結婚したのとかを思い出したりしながら夢中になって読みました。恋愛小説はそれほど好きなジャンルでないのですがこれは大好きな作品です。 (2004/07/21 01:08)
ありんこ > 私も結婚してからはあんまり恋愛小説は自分から進んでは読んでないんです。。(ちょっと寂しい話ですけど)生徒と先生の恋って年の差もあるし、なかなか成就しないんですよね。でもnanakoさんのお友達はゴールインされたんですね。なんだかドラマチックだわ☆ラストは展開が意外で、思わずグッときてしまいました。やっぱり運命ってあるんだわ~! (2004/07/21 08:09)
[PR]

by arinko-mama | 2004-07-18 20:32 | 読書