100万回の言い訳 唯川恵 ★3つ

結婚8年目。共働きで子どものいない夫婦。
そろそろ子どもが欲しいな、と思い始める結子。
ところが、マンションの階上で火事がおき、水浸しでしばらくの間、住めない状態になってしまう。
しばらく夫の士郎と別居状態に。
それを機会にお互い浮気をしたり、自由きままに暮らす二人・・・。

共働きで、別に経済的に不自由するわけでもないのに、なぜ一緒に暮らしているのか、結婚しているのか。という疑問。
そして、子どもを授かることによって、今の生活がなくなってしまうのでは?という不安もよぎる。

夫婦ってなんなのでしょう?っていうテーマなのかな。
子どもができると、自然と父親、母親という役割があるので、二人で子どもを育てて守っていくという責任があるけれど、夫婦だけの世帯だと、同じ家に帰る意味は何なんだろう?何でこの人と一緒になったのかな?なんていろいろ考えるようになるのかもしれませんネ・・・。

30代の友人の中には、独身の人も、まだ子どものいない夫婦も、離婚も多く、確かに結婚って、夫婦って何ナノかな?と疑問に思う人も多いはず。そんな人たちなら、共感できるのかしら?私にはイマイチ理解できませんでした。でも、唯川さん、おもしろかったです。


--------------------------------------------------------------------------------
nanao > 私も読みましたが、読み物として面白かったですね。
でも現実はそうは行かないと思います。
夫婦単独で考えるのではなく、家族として考える話で無いと共感はできないですね。 (2005/05/27 07:35)
ありんこ > >nanaoさん、おはようございます。最初子どもがほしいっていう願いがどうなっていくのかな?産んで大変な思いをする話しかな。と思ったのですが、やっぱり唯川さんはそういう方向にはいきませんね。でもいろんな男女の気持ちが語られている点や人と人とのつながりなど、なかなか面白かったと思います。確かに現実はこんなにきれいにいきませんね~。 (2005/05/27 07:42)
[PR]

by arinko-mama | 2005-05-26 11:51 | 読書