銀の鍵 角田光代 ★3つ

かわいい100%オレンジのイラスト。
薄くて、初めて角田光代さんの作品を読むのにはいいかも。と何も考えずに読み始めたら、不思議なお話。

あとがきを読むと、アキ・カウリスマキ監督の「過去のない男」という作品の感想文とか。
2002年のカンヌ映画祭の受賞作。
でも観たことないです。観てからみたらおもしろかったかな?
記憶喪失になって、見知らぬ国(インド?)にいるらしき女性。自分の名前も何をしにここにきたのかも、どうやってこれから生活していくのかも分からない。
ポケットに入っている切符をみせ、なんとか電車にたどり着いても、どこで降りるのかも分からず、目の前に座っていた親子の家族にお世話になることに。そこで優しさにふれながらも、つらい過去の記憶も同時によみがえる・・・
記憶を失っていても忘れないものがあるということを伝えたかったようです。映画もみてみようかな。


--------------------------------------------------------------------------------
nanao > これ読んでから映画を見たいと思いつつ、そのままになっています。映画を先に見るべきだったかなと思いました。 (2005/06/16 19:33)
ありんこ > nanaoさん、あした早速探してみようと思っています。速攻で行動に移さないと忘れてしまうタイプなので。結構地味な内容かもしれませんね。でも映画好きな私としては興味ありです~。映画をみるきっかけになる内容の本って好きです! (2005/06/16 19:47)
[PR]

by arinko-mama | 2005-06-16 13:28 | 読書