東野圭吾 「交通警察の夜」

交通課が扱う交通事故にまつわる短編集です~。
おもしろいので、1時間あれば読めます。
というか、ぞくっとするような怖さ。でしょうか・・・。上手!

誰もが加害者、被害者になる可能性が高い交通事故。
最近は飲酒運転による事故も多いですけど、車を運転するときには、本当に気をつけないと!とドキドキものです。
私の場合、ベビーカーを押して歩いていることも多いし、上の子は何かに夢中になって飛び出したりしないか、学校までの行きかえりで事故にあわないか。毎日心配です・・・。

ちょっとしたことがきっかけで起きた事故。その事故で命を失ったり、片目を失ったり、精神的に病気になってしまったりといったいろんなケースが描かれていました。
久々に東野さんを読みましたが、やっぱりうまいですね~。
[PR]

by arinko-mama | 2007-06-11 22:23 | 読書