「プーさんの鼻」 俵万智

a0020440_11283230.jpgクリスマスに友人からいただきました。
シングルマザー俵万智さんの短歌集。
ベビーを隣に寝かせながらちょこちょこ読みました。
読んでいるうちに感動して、すこーし涙が出ました。
「サラダ記念日」を読んでから、
彼女の作品には触れていなかったけれど、
子供を産んで、ますますパワーアップしていますね~。上手!!

本当は全部載せたいぐらいですが、いくつかご紹介。

  「2キロ入りのあきたこまちをカゴに入れこれがおまえの重さかと思う」

お腹にいる赤ちゃん、今900グラムですよ~とか定期検診のたびに言われるけれど、
最初は実感がないんですよね~。うーん、分かる分かる!

  「バンザイの姿勢で眠りいる吾子よ そうだバンザイ生まれてバンザイ」

我が家のベビーもよくバンザイで眠っていました。最近あんまりないかな。
生まれてバンザイ、まさにその通りです。こういうの、じーんときますね。

  「乳はときに涙にも似て子の寝顔見れば奥よりつんと沸きくる」

母乳が溢れてくるんですね。不思議です。これは母になった人しか分からない感覚。
吸われているとまたどこからか・・・人間の体は本当に不思議です。

  「体操の弘道おにいさんいなくなり少し寂しいテレビの春は」

ハイ、ちょうど弘道おにいさんが交代したときですね。寂しかったです。
今はすっかり、パワワップ!に慣れてしまいましたけれど・・・。

育児のものを中心に、恋愛、家族愛他にもいろいろな短歌があります。
実の弟さんに向けた「弟の結婚」の章もよかったです。
是非オススメです!本屋さんで手にとってみてくださいませ~~~。
[PR]

by arinko-mama | 2007-01-22 11:29 | 読書