長い長いお医者さんの話

a0020440_174817.jpg正確には本じゃなくって、娘が借りたNHKのビデオで見ました。
結構有名なお話なんだと思うのですが、読んだことなかったので。。

チェコの作家、カレル・チャペックの童話集。
このビデオには表題作しかはいっていなかったけれど。

魔法使いがある日梅をのどにつまらせて声が出なくなってしまう。弟子が急いでお医者さんを連れてくるけれど、お医者さんは他にあと3人の医者がいないと手術が出来ないなどという。そこでまたまた弟子が3人のお医者さんを連れてくるあいだ、お医者さんが魔法使いにいろんなお話を聞かせるのです。

一つ目のお話までは聞いてたんだけど、あまりの気候のよさと、ボソボソとした秋野大作さんの朗読と、まったりとした雰囲気にのまれて、こっくりこっくり。。。最後はうめがとれてめでたしめでたしだったようなのだけれど。。。ほんとに長い長いお医者さんの話だわ~(笑)娘は最後まで見ていたようでした。えらいぞ~!!
[PR]

by arinko-mama | 2004-06-16 17:49 | 読書