「空中ブランコ」 奥田英朗

a0020440_1526114.jpg「イン・ザ・プール」の続編。直木賞受賞作。
支離滅裂な精神科医、伊良部医師のもとにやってくる様々な人物をめぐる短編集。

相変わらずおもしろくって、漫画を読むようにパラパラと、クスクスと笑いながら一気に読みました。中でも尖端恐怖症のヤクザの話がおもしろかったです。

カウンセリング=いろいろ話をすること。自分を理解してもらうこと。そしてトラウマを忘れさせてくれること。なんでしょうね。
伊良部医師は睡眠薬とかいって座薬を処方したり、明日は注射がないからまたおいで。と優しくいいつつ、また次も注射を打つという、とりようによってはヒドイ医者なのだけれど、結果的にそれが治療になっているという不思議。

こんな病院があって、気軽に相談できたりする伊良部医師のようなオジサンがいたら、世の中救われる人ももっといるかもしれません。おすすめです~!
[PR]

by arinko-mama | 2006-04-08 15:35 | 読書