「ツイッターとフェイスブックそしてホリエモンの時代は終わった」梅崎健理

タイトルにひかれて手に取りました。
梅崎さんは、~なうを流行らせたツイッター高校生。
小さいころから父親の勤務先の大学のPCをいじっているうちに、
ローマ字入力を覚え、ネットでいろんなことを調べて、
ついにはツイッターで孫社長とつながる。

福岡の福岡高校から、代々木高校を経てAO入試で慶應のSMCへ。
高校でもうすでに起業して、今でも社長をしている方でした。
そのエピソードだけでもすごいと思いました。

これからはまたアナログ回帰なのかな。
これだけPCを使いこなしているけれど、プログラムはくめない、
買物はネットではしない、など、PCのいい部分を利用して、
結局は人と人が直接会って話さないと。という考え方がとても
いいなと思いました。
[PR]

by arinko-mama | 2015-11-13 22:29 | 読書