「アンソロジー ビール」

ビールにまつわるエッセイを集めたもの。
各世代のビール感。が分かっておもしろいです。
生まれた年代順でもいいかもしれませんね。どういう基準の順番で
選んでいるのか分からないけれど、有名な方のエッセイが読めて
お得な一冊です。

ビールは小さいころ、祖父にちょこっとなめさせられ、周りがビール
好きだったせいか、今でも嫌いではないです。
というより、お酒のおつまみで嫌いなものはないというか、お酒を
飲みながらおつまみを食べる大人の周りで、それを食べながら話を
聞いているのが好きな子供だったという感じです。

日本のビールほどおいしいものはないとか、なぜビール会社が少ないのか
ということも書かれていて、海外のビールや地方の地ビールなどを
あまり飲んだことがないので、驚きました。
その中でもやはり鮮度が命。工場の出来立てのビールが何よりも
一番おいしいのですね。

眠くなってしまうのと、トイレが近くなってしまうことが、ちょっと
難点ですが、夏に飲むのにスッキリするし、日ごろ静かな人が少し
おしゃべりになって、楽しく宴会ができたりするので、ビール文化は
ずっと日本に残っていくといいなあと思います。

赤塚不二夫さんのバカボンのマンガが読めて、アニメしかみたことが
なかったので、ちょっとうれしかったです!あまりにもバカっぽくて
おもしろかったので、他のマンガも読んでみたいです!
[PR]

by arinko-mama | 2015-11-09 12:03 | 読書