「日本を変える!若手論客20の提言」 田原総一朗

堀江さん、古市さん、宇野さん、家入さん、安藤美冬さんなど、
最近よくTVやネットでお見かけする方々の意見を一気に読むことが
できて、お得な一冊でした。

田原総一朗さんは朝まで生テレビなどで、ガンガン意見を言って
うるさそうな人、という印象がありましたが、この本では聞きにくい
ことや、疑問に思うことをどんどん聞いていて、すっきりしました。
どの方もその質問にきちんと答えていて、筋の通った方ばかりだったので
すごいなあと思いました。

古市さんの本は読んだことがありますが、大企業で気の合わない人と
働くよりも、その時に必要な人と、フレキシブルな感じでグループを
組んで、やりたいことをやる仕事のほうがいい。とか、安藤美冬さん
のように、大きな出版社で自分の年齢に見合わない大きな収入を得て
働くより、小さな部屋を借りて、ノマド的な働き方をする方がいいとか、
新しい考え方の若い人が増えてきていて、なんだか自由だなあと
思いました。大学を出て、一斉に大企業に就職という時代に生きてきた
私たち世代には、こんな風にネットでいろいろな仕事の仕方ができて
きたり、少ない人数でも世界を相手にビジネスができてしまうという
日本は、とても生きやすい時代になってきたのでは?と思えます。
[PR]

by arinko-mama | 2014-12-15 13:33 | 読書