「駅物語」 朱野帰子

初めての作家さんでした。
鉄道オタクではないですが、電車に乗ったり、見たりするのが好きです。
子供のころから全国転勤しているので、JR地下鉄新幹線乗ったものが
たくさんあるので、どの電車も思い出がいっぱいです。

舞台は東京駅。新人駅員さんの二人の男女を中心に話が進んでいきます。
自分が入社したての頃を思い出しつつ・・・JRの駅員さんって本当に
忙しいし、ハードなお仕事なんですね。絶対無理。

自分が思い描いていた仕事と、実際の中身、人間関係。
それに加えて今の新人さんは、ネットでの誹謗中傷なんかもいろいろ
みれてしまったりして、それでストレスを抱え込むんですね。

ストーリーはやや出来すぎの感があって、こんなにうまくいくわけ
ないじゃんと思っている自分と、映画をみているように引き込まれ
ている自分が共存していました。先輩後輩の関係も仲良しこよしに
なることなく、厳しく指導されていて、同期の関係もとてもいい感じに
描かれていました。これからの男女はこんな風な関係になるといいですね。
続編があるといいなあ。
[PR]

by arinko-mama | 2014-11-22 16:50 | 読書