「問いのない答え」 長嶋有

エキサイトブログが10周年とのこと。
私がスタートしたのは、2004年の5月。ん?同じく10周年か~。
最近はもっぱら読んだ本の感想のみになっていますが。

長嶋有さんの本、「夕子ちゃんの近道」とか、「ジャージの二人」とか
好きです。この本はツイッターでつながっているたくさんの人々を
描いているので、登場人物の多さに、一度あきらめて他の本を読んでいた
のですが、やっぱり長嶋有さん、あきらめきれずにもう一度、昔ミステリで
やっていたように、登場人物をメモして、それをみながら読んでみました。
ようやく読めたし、とてもいい本じゃないですかぁ~~~。

ここ10年、私もブログを始めたり、ネットを日常で使うようになりました。
いろんな疑問は掲示板や知恵袋で解決したり、レシピを検索したり。
同じようなことを思っている人が世の中にたくさんいることがわかったり、
震災のときにはTLをみながら涙を流すこともありました。ちょっと前の
ことを考えると、不思議な光景ですね。

現実ではいろんなことが日常におきているけれど、そんなことをしながら、
一方でネットの世界でもこの本の登場人物のように言葉遊びをしたり、
遠くのあったこともない人にあいさつしたり会話したりしている。そうして
自分自身を保っているんですね。秋葉原殺傷事件の加藤容疑者の
ことが途中ででてくるけれど、そんなネット上の掲示板に言葉を残した
加藤容疑者のことも、いろいろ考えてしまったり、震災のことを思い出したり。

ゆるーくつながっているこのSNSの人間関係がとてもよく表れている本
だし、朝井リョウさんの「何者」もそうだけど、これからは小説にSNSや
スマホや、オンラインものがたくさん登場するのかな。昔の作品もいいけど、
これからどんなふうにこういう題材が登場するのか、楽しみです。
[PR]

by arinko-mama | 2014-06-30 13:33 | 読書