「やらなきゃゼロ」 鈴木直道

財政破たんした夕張の市長になった鈴木氏の自伝。
母子家庭で進学をあきらめたけれど、学歴をみないで採用する都庁の試験を受け、
その後、社会人になってから法政大学に通い、4年間で卒業。
ボクシング部の主将も務めていたというところがまたすごい!

東京で、結婚してこれから新しい生活が始まるというときに、
夕張に行くことを決意。奥さんも応援してついてきてくれたという。
これもすごい!

仙台に転勤して、寒い、寒いと縮こまっている私など、比較にならない。
こんな奥さんにはなれそうにないなあと思ったり。
鈴木さんの行動力、人柄、みんなをまとめる力、睡眠時間を削ってまで
いろんなことをやる情熱、ハンパないです。

夕張はこれから先大変だと思うけれど、こんな市長さんがきてくれたら、
希望がもてますね。若い人はたくさんこの本を読んで勉強してほしいです。
[PR]

by arinko-mama | 2014-06-16 22:35 | 読書