「親ががんばらないほうが子どもは伸びる」 親野智可等

今年は上の子が受験生、まだ部活があるので、ピリピリした雰囲気もないけれど、
夏が終われば、どこを受験するかを決めないといけない。
成績によってだいたいのレベルが決まるのだけれど、仙台に住んでまだ2年弱、
ここをいつ離れるかも分からない不安定な状況で、どこの高校がいいのかなんて
そして卒業できるか分からない高校を決めるのなんて、なんだかかわいそうな気もする。
ただ、私も高校の時に転校したので、長い人生を考えると、ま、しょうがないかなと。
家族が一緒に住むことが何よりも大事と考えているので。

そんな中、あまりプレッシャーをかけるのもあれだし、かといって、私も両親から
お尻をたたかれて伸びていったタイプなので、どこでもいいよ。というのもなぁ。
とりあえず、模試を受けてみようかというところから、自分のレベルを知ってもらうことに。
仙台でどのくらいのレベルにいるのか、同じ中学校の中ではだいたいの順位が分かって
いるけれど、市内にはたくさんもっとレベルの高い人がいるということを知ってもらおう!

下の子は2年生。まだまだお友達との約束がうまくいかなかったり、なんだか不安定。
そんな時期なのかもしれません。もともと甘えん坊タイプなので、習い事の習字に
一緒につきあってあげたり、いろんなことをして、全身全霊でフォローしています。
過保護、過干渉になりがちなので、あまり手をかけないように。この本を参考にして、
がんばらないように、さりげなく・・・しようと思います!
[PR]

by arinko-mama | 2014-06-04 09:05 | 読書